【アイラインのコツ】タレ目?ネコ目?描きやすく失敗しない方法とは

    目元の印象を決定づけるアイライン。アイラインの引き方次第でカッコよくも可愛くもなれ、自分の目を変えることも出来る優れものですね。でもアイラインのコツがつかめない・失敗すると躊躇する人も多いとか。どうすれば理想の目が手に入るのか。アイラインのコツのまとめ。

    【アイラインのコツ】ナチュラルライン

    ペンシルタイプのアイラインで

    初心者の方には「ペンシルタイプ」のアイラインがおすすめ。芯を直接肌に当て、引いていくため線がブレにくいのです。描きやすくないとコツもつかめませんよ。

    アイラインの色はブラウン

    慣れないうちは肌によく馴染む「ブラウン」タイプがおすすめ。慣れてきてから印象が強くなる「ブラック」など濃い色でもナチュラルなアイラインに仕上がるでしょう。それまではブラウンを使用するのがコツでもあります。

    綿棒でぼかす

    綿棒でぼかすと目元に自然なグラデーションが生まれて、奥行きのあるアイメイクを演出できます。これも大事なアイメイクのコツですから、綿棒は常備しておきましょう。

    【アイラインのコツ】タレ目風

    タレ目風のアイラインのコツ

    ①アイラインは目尻をハネあげず、下向きに引きます。
    ②目じりから3mmほどラインをのばそう。

    これだけで印象がかなり違います。

    タレ目風のアイラインのコツ・下まぶた

    アイラインは目の一番高い真ん中や目尻を太めにして跳ね上げるように引きますが、タレ目メイクは強調するポイントは目尻で下に下げていくのがポイントです。目尻側の1/3を意識することがコツ。

    タレ目のアイラインは、きつくなってしまう目元の人におすすめ。可愛らしくて愛嬌が出るのが人気。なるほど。目尻がかなりポイントとなっています。コツをつかめばすぐ出来そうです。

    【アイラインのコツ】ネコ目風

    ネコ目風メイクのコツ

    まず、目頭から目尻まで丁寧にラインを引きます。まつ毛の隙間も埋めるのが、ネコ目風アイラインのコツです。

    ネコ目風メイクのコツ・跳ね上げ

    目尻から5~8mm、斜め上向きの跳ね上げラインを書きます。目を開き、下まぶたの延長線を描くようにラインを入れるのがコツ。垂れすぎず上がりすぎない自然なラインになります。ナチュラルなネコ目風アイラインはこれで完成。

    ネコ目風メイクのコツ・仕上げ

    目尻から跳ね上げラインの端を、△を描くように重ね塗りするのがコツ。黒ではなくカラーアイライナーを使用するのもオシャレ!

    ネコ目はアイラインの王道。跳ね上げの部分のコツさえつかめれば、カッコよく、綺麗な目元が表現できますね。かなり印象が違ってきます。

    【アイラインのコツ】一重さんの注意点

    一重さんはリキッドアイライナーがおすすめ

    まぶたに厚みがある一重はアイラインがにじみやすくパンダ目になりやすいのです。
    そのためアイライナーを選ぶ際は「素早く乾く(速乾性)」・「にじみにくい」・「落ちにくい」特徴のリキッドアイライナーを選ぶことが一番のコツになります。

    パンダ目にならないために

    アイライナーがにじんでしまう主な原因は、まばたきをしている時にアイライナーの成分が目元の油分(乳液や下地の過剰な油分)と混ざり合って付着してしまうのです。メイクを行う前は目元の過剰な油分を取り除くのがパンダ目にならないコツです。

    一重は本当にパンダ目になりやすい!これが嫌でアイラインを諦める人もいますよね。でも一重こそアイラインは重要なポイントで、薄い印象の目元を強く表現してくれるので、是非コツを押さえてアイラインに挑戦してほしいです。

    【アイラインのコツ】奥二重さん注意点

    二重幅にアイラインを入れない

    二重の幅が細いため、アイラインなどをちょっと太めに引いてしまうと、二重の幅がアイラインで隠れてしまい一重に見えてしまうというデメリットが。極細のアイラインを引くのがコツ。

    ネコ目よりタレ目がおすすめ

    キツく見えがちな奥二重さんは、跳ね上げアイラインはおすすめできません。タレ目風が可愛らしくおすすめのよう。

    【アイラインのコツ】二重さん注意点

    二重さんはペンシルがおすすめ

    リキッドやジェルタイプのアイラインは、くっきりしやすく、インパクト強いですね。二重さんは柔らかい印象になる、ペンシルタイプを選ぶのがコツ。

    二重さんはアイラインを控えめに

    アイラインを引く場所は、隠しアイラインか、目尻のみに。こうすることで、アイラインの強すぎるインパクトを抑えることが出来ます。

    多部未華子さんのようなクールな目元が大変身。やはり女優さんは自分の顔の魅力を最大限に引き出せていますね。一重や奥二重で悩んでいる人はかなり参考になる女優さんです。

    【アイラインのコツ】分かりやすい動画を確認

    nuts×GODMake.「猫目メイク」森川佳保里【ダイジェスト版】

    これは結構、派手な印象のアイラインの引き方のコツになりますね。普段と別人のように変身したいときにはおすすめですよ。

    一重まぶたメイク{アイラインのやり方}解説

    この女性は手早くサッサとアイラインを仕上げていきますが、結構シンプルで分かりやすいです。印象の薄い一重でも終わるころには、クールな大人の女性に大変身!

    やはり、コツをつかめれば、簡単に出来そうですよね。アイラインはインパクトが全然違いますので、上手に利用したいですね。

    アイラインのコツをつかんで目元美人になろう♡

    今日から目力アップで魅力倍増!
    いかがでしたか?アイラインのコツのまとめでした!一言にアイラインと言っても、目の形や表現したい印象でやり方が全然違います。そして目元の印象も驚くほど変化しますね。美しい目元になれば、自分に自信が持てて、外出が楽しくなりますよ♡

    関連するまとめ

    このまとめに関するまとめ

    TOPへ