え!?アイラインを引かないメイクでパッチリした目が手に入る!?

アイラインは、目ヂカラアップやパッチリした目にするために、大切なアイメイク。でも、最近アイラインを引かないでパッチリおめめにするメイクが流行っているそう。アイラインが苦手な人にとっては朗報?!そこで、アイラインを引かないパッチリメイクをご紹介します!

アイラインを引かないほうがいいの?

アイラインがあったほうが、目元がはっきりして、おしゃれ。
でも、アイラインを引かない方がいいって聞く…。
アイラインって、あったほうがいいの?引かない方がいいの?

カラーコンタクトで黒目を強調している人にはノーアイラインをおすすめします。囲みメイク+カラーコンタクトでは、目周りが黒一色になってしまいます。メリハリのない顔に見えますし、表情にも変化が乏しく見えてしまうので注意しましょう。

出典:http://josei-bigaku.jp

一重の目や、二重の幅が狭めの目には、アイラインがかえって逆効果になり、目を小さく見せてしまう可能性があります。

出典:http://beauty-matome.net

アイラインをしっかり入れる事で、二重の方の二重部分その物が目立たなくしてしまっている事があります。
むやみに太くクッキリとかく事で、元からある可愛らしい二重部分に全く目がいかなくなってしまいます。
いざアイラインを止めると、その可愛らしい二重がクッキリと見えるようになります。
二重の方は、アイラインを描く事で損をしていたのかもしれませんよね。

出典:http://bijoshi.jp

アイラインを引かない事で、透明感、ナチュラルさ、スッピン風、という感じになって、よりふわっと女性らしい愛らしい感じになります。
その素朴なアイメイクは、意外と男性ウケします。

出典:http://bijoshi.jp

アイラインを引かないメリットとしては、
・二重幅が狭くならないので、目が大きく見える
・優しい印象の目元になる
・ナチュラルな可愛さが出る

出典:http://godmake.me

一重や奥二重の方には、アイラインは引かない方がいいらしいですね。
自分の目のタイプで、アイラインを引く方がいいのか、引かない方がいいのか、きちんと見極めたいところ。
また、アイラインを引かないことで、ナチュラルな、優しい、可愛い印象を与えられ、より女性らしくなれるとは、アイラインを引かないことで、こんなメリットがあるんですね!

アイラインを引かないメイクをした人たちの反応は…

今まではアイラインを引くのが当たり前、という感じでした。
でも、今は、アイラインを引かないメイクが増えつつあります。
実際に、アイラインを引かないメイクをした人たちの反応は…?

奥二重だからアイラインをかいて二重幅をこれ以上せまくしたくないことなんです。

前までがっつりリキッドで引いていたので
アイラインをなくしたら二重幅が広くなってかなり目が大きく見えるようになりました!

出典:http://chieco.cosme.net

ナチュラルメイクにしたいのなら、アイライン引かなくていいと思います。
年代が違いますけど、私もアイラインは引かず、マスカラとアイシャドウのみです。
ブラウン系を使うと、ナチュラルで優しい印象に仕上がりますよ。

出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

アイシャドウをアイライナーがわりに使っていました。
アイシャドウの濃い色(黒や茶色)をアイラインがわりに使って
それ以外の明るい色のは普通にまぶたにのせます。
アイライナーではなくアイシャドウですることで
太目に塗ってもきつくないですし
ぼやぼやっとするので失敗しにくいです。

出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

ベージュブラウンのアイシャドウで陰影をつけることで、アイライナーを引かなくてもナチュラルなパッチリ目に

出典:http://ameblo.jp

アイラインを引かないメイクをしても、パッチリとした目を手に入れることができているようですね。
むしろ、アイラインを引かないことで、引いていた時よりも大きな目になれた人もいるみたいです。
アイラインを引かない、ということはパッチリおめめをあきらめる、ということにはならないんですね!

アイラインを引かないパッチリメイク法

それでは、アイラインを引かないメイク法をご紹介します!
コツは、アイシャドウとマスカラ。
そんなに難しくないので、しっかり覚えて、ナチュラルなぱっちりおめめをつくりましょう!

使うのは、肌なじみが良い、パール入りのライトブラウンや、ベージュなどの淡色のクリームアイシャドウ。アイホール全体になじませることで、目元に立体感を出し、自然に強調できます。目元がぼんやりとしていると感じる場合は、一段暗いアイシャドウを目の際に沿って入れ、目じりの幅を太く、はねるような感じでなめらかな線を入れてみましょう。

出典:http://eyemania.jp

それとアイシャドウに濃い目の茶色・グレーを取り入れることです。茶系やグレーのアイシャドウを、まぶたの際にぼかすことで目を大きくする効果をそのまま残しながら、自然でふんわりと優しい印象に仕上げます。

茶系はナチュラルで可愛らしい印象に、グレーはスタイリッシュで大人っぽい仕上がりになります。

出典:http://josei-bigaku.jp

アイシャドウを使って、まぶた全体では無く目のキワだけをぼかしてあげると、目がきりっと引き締まります。
まぶたを持ち上げて、目のキワに乗せてあげて、きちんとぼかしてみましょう。
自然な感じの、抜け感なアイメイクが完成しますよ。
それでも、どうも目元が引き締まっていないなと思ったら、アイシャドウをアイラインのように目の周りを囲んでみましょう。
アイラインで描いたようにクッキリではなく、優しい感じの囲みを作る事が出来ますよ。
多く乗せず過ぎると失敗するので、あくまで少量を乗せましょう。

出典:http://bijoshi.jp

ノーアイラインメイクの場合アイラインを引かない分、まつげをがっつり上げてカールすると、矢印効果(まつげの方向↑)で目の大きさを強調され、よりパッチリとした目に仕上るそうです。

出典:https://www.rankingshare.jp

まつ毛の根元から持ち上げるようにして、たっぷりと塗りましょう。マスカラブラシをまつ毛の根元で3秒間キープしてからあげれば、上がりやすくなります。また、下まつ毛にもマスカラを付けて、目の幅が上下に広がって見えるような効果を狙いましょう。

出典:http://eyemania.jp

マスカラは、黒色の派手なものでもOK。ノーアイラインに抵抗があるという人は、アイラインをやめる代わりにマスカラをがっつり塗っても良いでしょう。古いマスカラやダマになっているマスカラはもちろんNGですよ。

出典:http://josei-bigaku.jp

アイシャドウの使い方一つで、アイラインを引かないでぱっちりおめめになるんですね。
マスカラも、まつ毛のカールも、目ヂカラをアップさせるために、しっかりとつけて、上げましょう!
アイラインを引かない分、それらの使い方で、メイクに大きく差が出ますよ!

アイラインを引かないメイクの画像大公開!

アイラインを引かないで、アイシャドウだけのメイク。
カラコンを使っているようですが、ナチュラルな目元で可愛らしいメイクになっていますね。

つけまつ毛もなし。アイラインも引かない休日メイク。
アイラインを引かないメイクなのに、しっかり目ヂカラが出ていますね。

カラコンあり。アイラインは引かないで、アイシャドウとマスカラのみのメイク。
アイシャドウが目元を引き締めて、マスカラが目ヂカラをアップさせてますね。
アイラインを引かないメイクのお手本のようなメイクです!

アイラインを引かないで、マスカラもつけていないナチュラルメイク。
アイシャドウだけで、こんなにもパッチリおめめが手に入るんですね!
アイラインを引かない、ナチュラルな目元メイクなので、リップメイクもより映えます。

アイラインを引かないメイクでナチュラルなパッチリおめめに!

いかがでしたか?
アイラインを引かないメイクでも、パッチリとした目が手に入ることがわかりました。
それに、女性らしい、可愛い印象も与えられるなんて、アイラインを引かないメイクはすごい!
今までずっとアイラインを引いていた方も、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ