ヘアケアにはココナッツオイルがおすすめ!もたらす効果について

ココナッツオイルは髪の毛に使用することで、ヘアケアの役割があるということをご存知でしたか?あの有名な海外モデル、ミランダ・カーもココナッツオイルを使っているそうです。こでは、ココナッツオイルによるヘアケアの効果について説明します。

ココナッツオイルがもたらすヘアケアの効果について

ヘアトリートメント

枝毛や切れ毛で悩んでいる女性は少なくありません。
髪の毛が潤いをなくすとパサパサとした髪質になり、枝毛や切れ毛を引き起こします。そのため枝毛や切れ毛を予防するには、髪の毛に潤いを与えるヘアケアが欠かせません。

ココナッツオイルに含まれている潤い成分が、髪の毛にしっかり浸透します。そのため髪に潤いを与えサラサラとした髪質になり、枝毛や切れ毛の予防をしてくれるのです。

ヘアオイル

髪の毛を乾かす前に、ヘアオイルを使用している方も多いでしょう。ココナッツオイルはヘアオイルとしても使用できます。
髪の毛を乾かす前に傷んだ部分へ少量つけることで、ココナッツオイルの潤い成分が傷んだ部分に浸透し、修復してくれるのです。

ヘアパック

髪の毛をしっかり濡らした後に、頭皮にまんべんなくココナッツオイルを塗布します。同時に頭皮マッサージを行うことで血行が促進され、ココナッツオイルの潤い成分がより浸透します。

またサランラップや蒸しタオルなどで頭皮全体を包み、5分ほど保湿することで、ココナッツオイルに含まれている潤い成分が、より髪の毛に浸透します。
より効果的にヘアケアを行いたいのであれば、保湿までしっかり行うようにしましょう。

スカルプケア

毛穴に皮脂や汚れが詰まることで頭皮環境が悪化し、毛根に髪の毛の成長に必要な栄養素が十分に届かないため、ヘアケアの効果を妨害してしまうのです。
そのため健康的で美しい髪の毛へと成長させるには、頭皮環境をが整っていることが重要です。

ココナッツオイルの粒子は細かく浸透性が高いため、毛穴に詰まった皮脂や汚れを落とし、頭皮環境を整えてくれます。
頭皮環境が整うことで、十分な栄養素が髪の毛に届き、ハリとコシのある髪の毛へと成長を促します。

ココナッツには、ヘアトリートメント・ヘアオイル・ヘアパック・スカルプケアといったヘアケアの効果が期待されています。
ヘアケア方法によって効果が異なるため、あなたが求めている効果を得ることのできるヘアケア方法を行うようにしましょう。

ほかのどのオイルよりも効果的!?おすすめの使い方

ヘアトリートメントやヘアパック、スカルプケアとしても使用でき、さまざまなヘアケア方法が行えるココナッツオイルですが、最もおすすめのヘアケア方法はヘアオイルとしての使い方です。

髪の毛をドライヤーで乾かす前に、ココナッツオイルを10円玉程度、傷んでいる部分に塗布し、髪の毛にしっかり染み込ませドライヤーで普段通り乾かします。

そして乾かした後にも、少量のココナッツオイルを傷んでいる部分に塗布することで、翌朝にはしっとりサラサラヘアになっています。

つけ過ぎると逆効果!?ココナッツオイルを使用する分量について

ヘアケアに効果的だからといってつけすぎると、毛穴に詰まり頭皮環境を悪化させてしまう原因になり得ます。
ヘアケアの効果を十分に引き出すために、ココナッツオイルは10円玉程度の量だけ使うことをおすすめします。

しかし髪の毛の長さや量には個人差があり、10円玉程度の量だと少なすぎる場合があります。
ココナッツオイルの量が足りないようであれば、つけすぎに注意しながら付け足すようにしましょう。

ココナッツオイルはつけすぎることで、ヘアケアに役立つどころか頭皮環境を悪化させてしまうことがあります。
そのためヘアケアとして使用するようであれば、ココナッツオイルの分量を注意するようにしましょう。

ヘアケア効果の高いものを選ぼう!ココナッツオイルの選び方

未精製のものを選ぶ

エクストラバージンオイルと記載されているココナッツオイルを選ぶようにしましょう。
精製されているココナッツオイルは、栄養価が少なく、ヘアケアとしての効果もエクストラバージンオイルに比べて低いです。

また精製されているココナッツオイルは、ココナッツの独特の甘い香りもほとんどしないたません。
ヘアケアの効果とココナッツの香りを求めている方にとって、精製されているココナッツオイルは物足りないものだといえるでしょう。

精製しているココナッツオイルはヘアケアの効果も減少し、ココナッツオイル特有の香りも少ないです。
ヘアケアをしっかり行いたいという方、ココナッツオイルの香りにこだわりがあるという方は、末精製のココナッツオイルを使用するようにしましょう。

トランス酸脂肪がフリーなものを選ぶ

トランス酸脂肪は体に必要のない栄養素で、アレルギーを引き起こしてしまう可能性があます。
頭皮にアレルギーが現れた場合、ヘアケアの意味がありません。ですからできる限り、トランス酸脂肪が含まれていないココナッツオイルを選ぶようにしましょう。
また使用するときは、はじめにパッチテストを行うようにしましょう。

パッチテストの正しいやり方について

腕や太ももなど、肌の弱い部分にトランス酸脂肪が含まれているココナッツオイルを少量塗り、24時間経過するまでそのままにします。

そして24時間経過し、トランス酸脂肪が含まれているココナッツオイルを塗った部分が、赤くなっていたりかぶれたりした場合は、アレルギーがあるという結果になります。

パッチテストを行いアレルギーが現れたときは、ヘアケアには使用せず、トランス酸脂肪が含まれていないココナッツオイルを使用するようにしましょう。

頭皮にアレルギーが現れてしまっては、ヘアケアの意味がありません。そのためヘアケアを行う前に、必ずパッチテストを行いアレルギーが現れるか検査するようにしましょう。

蜂蜜を混ぜるとヘアケア効果UP!

天然の保湿剤といわれるほど、はちみつは保湿効果が高いです。
蜂蜜にはビタミンやミネラルが豊富に含まれており、ココナッツオイルとの相性は抜群だといわれています。

作り方は、ココナッツオイルと蜂蜜を1:1で混ぜ合わせるだけで完成します。
これはヘアオイルとしては使用できないため、ヘアパックやヘアトリートメントとして使用するようにしましょう。

おわりに

ココナッツオイルには、ヘアトリートメント・ヘアオイル・ヘアパック・スカルプケアといった、ヘアケア効果が期待されています。ヘアオイルとしてココナッツオイルを使用する、ヘアケア方法が最も効果的だといわれているため、1度このヘアケア方法を試してみるといいでしょう。
またココナッツオイルと蜂蜜を混ぜることで、よりヘアケア効果が高まるといわれているため、試してみるといいかもしれません。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ