肌に優しい!アクセーヌのファンデーションをご紹介します!!

低刺激性で無香料の商品を販売している「アクセーヌ」。そんなアクセーヌのファンデーションはどんな商品があるのか?アクセーヌのパウダーファンデーション、リキッドファンデーションとは?など、アクセーヌのファンデーションを紹介します。

アクセーヌのファンデーション①

アクセーヌのファンデーション
1つ目は、「シルキィモイスチュア ファンデーション N」です。

アクセーヌのファンデーション「シルキィモイスチュア ファンデーション N」は、肌にやさしいパラベンフリー処方に、キメの細かいなめらかな肌を演出するパウダーファンデーションです。

アクセーヌのファンデーション「シルキィモイスチュア ファンデーション N」は、全ての粉体を保湿効果の高い成分で均一にコーティングし、肌の気になる部分をカバーします。

アクセーヌのファンデーション「シルキィモイスチュア ファンデーション N」は、色素が直接肌に触れないパーフェクトヴェール技術を採用しています。

アクセーヌのファンデーション「シルキィモイスチュア ファンデーション N」は、低刺激性・ノンコメドジェニックテスト済みです。

アクセーヌのファンデーション「シルキィモイスチュア ファンデーション N」を実際に使用した人からは、「すっぴんでいる時よりも断然状態が良いです」などという声が聞かれました。

アクセーヌのファンデーション②

アクセーヌのファンデーション
2つ目は、「ソフトタッチパウダー」です。

アクセーヌのファンデーション「ソフトタッチパウダー」は、1998年4月に発売されたパウダーファンデーションです。

アクセーヌのファンデーション「ソフトタッチパウダー」は、皮脂吸収パウダーを複合的に配合し、肌に触れる面積を少なくしたファンデーションです。

アクセーヌのファンデーション「ソフトタッチパウダー」を実際に使用した人からは、「カバー力があり、お肌に低刺激でとくに肌トラブルが悪化することはありませんでした」などという声が聞かれました。

アクセーヌのファンデーション③

アクセーヌのファンデーション
3つ目は、「クリーミィファンデーション PV」です。

アクセーヌのファンデーション「クリーミィファンデーション PV」は、2001年8月に発売されたファンデーションです。

アクセーヌのファンデーション「クリーミィファンデーション PV」は、肌に負担をかけずに、シミ・くすみ・色ムラをカバーできるクリームタイプです。

アクセーヌのファンデーション「クリーミィファンデーション PV」は、荒れがちな肌を乾燥から防いで、しっとり・なめらかに整えます。

アクセーヌのファンデーション「クリーミィファンデーション PV」を実際に使用した人からは、「カバー力が高いのに艶がでて透明感が出ます」や「肌が綺麗になりました」などという声が聞かれました。

アクセーヌのファンデーション④

アクセーヌのファンデーション
4つ目は、「クリームファンデーション」です。

アクセーヌのファンデーション「クリームファンデーション」は、くすみがちな敏感肌のために開発されたクリームファンデーションです。

アクセーヌのファンデーション「クリームファンデーション」は、汗・水に強く、カバー力が優れているファンデーションです。

アクセーヌのファンデーション「クリームファンデーション」を実際に使用した人からは、「ファンデなのにカバー力もあって刺激もないので愛用しています」などという声が聞かれました。

アクセーヌのファンデーション⑤

アクセーヌのファンデーション
5つ目は、「ミルキィファンデーション PV」です。

アクセーヌのファンデーション「ミルキィファンデーション PV」は、2001年8月に発売されたリキッドファンデーションです。

アクセーヌのファンデーション「ミルキィファンデーション PV」は、。ナチュラルな仕上がりのリキッドタイプのファンデーションです。

アクセーヌのファンデーション「ミルキィファンデーション PV」は、色素をコーティングするPV技術で色素による化粧かぶれや肌への刺激を防ぐファンデーションです。

アクセーヌのファンデーション「ミルキィファンデーション PV」は、乾燥気味の肌にうるおいを与え、軽くなめらかにフィットします。

アクセーヌのファンデーション「ミルキィファンデーション PV」を実際に使用した人からは、「付けてる感じは軽くナチュラルに仕上がるので透明感が出てとても良いです」などという声が聞かれました。

アクセーヌのファンデーションまとめ

肌に優しいと言われている
アクセーヌのファンデーションには
パウダーファンデーションや
リキッドファンデーションなど
様々な種類があります。

自分の肌にあったファンデーションを
是非、見つけてみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ