デジャヴュのマスカラでくるりんまつげ♡目ヂカラアップ間違いなし☆

ご存じ”塗るつけまつげ”で有名なデジャヴュ!!デジャヴュのマスカラは『マスカラだけどマスカラじゃない!』まつげのことを一番に考えた高品質なマスカラがいっぱいあるんです♪今回はそんなデジャヴュのマスカラについてご紹介していきます♪

デジャヴュってどんなブランド?

デジャヴュのコンセプト

デジャヴュはお客様の「こんなのなかった、欲しかった!」に確かに応える高機能ツールの集合体。
「世の中にないものしか発売しない」って開発姿勢だそう!確かに『塗るつけまつげ』が発売された当初、「こんなの欲しかった~」っと話題になりました。

デジャヴュの歴史①

2001年09月  「塗るつけまつげ」ファイバーウィッグの発売 からスタートしました。その後、パッケージをリニューアルしたり、カラーや種類を追加してきました。
2007年には 「アイライン専用クレヨン」発売。 目元は任せてと言わんばかりにマスカラアイラインとシェアを広げてきました。

デジャヴュの歴史②

2010年に初めて、 デジャヴュから「メイク美肌再生パウダー」が発売されました。アイメイク以外の商品は初です!その後は、メイク落としやあぶらとり美容液なども発売されました。
「こんなのなかった、欲しかった」のコンセプトの元、画期的な商品を開発していきました♪

デジャヴュのマスカラの特徴

仕上がり『つけまつげ』

デジャヴュのマスカラは、つけまつげのようなロング感、ボリューム、上向き感を実現させました!!
つけまつげのように鮮やかなのに、自然な仕上がりになります。

パンダ目にならない!

デジャヴュのマスカラは、液がフィルムに変化してまつげを包み込むので、皮脂や汗をはじいてにじみません。目薬もOKなのは嬉しいですね。

お湯で簡単オフ!!!

デジャヴュのマスカラフィルムはお湯でスルッと落ちます。目元をゴシゴシこすらなくても簡単にオフできます。まつげエクステをつけている方でも使えるのは嬉しいですね!!

『塗るつけまつげ』の驚きのフィルム力

デジャヴュの開発力の高さをうかがえます!市販のマスカラとの違いが一目瞭然です。メイク落としの際に、一枚の膜のままスルッと取れるの意味がよくわかります。

デジャヴュの噂のマスカラたち

Ⅰ驚きのロング『塗るつけまつげ』~漆黒~

マスカラを塗れば塗るほどに自まつげが伸びた感覚になります☆なめらかなフィルム液が、まつげをコーティングしてくれます。塗り重ねてもダマにならないのがまた嬉しい!

驚きのロング『塗るつけまつげ』~濃いめのブラウン~

デジャヴュのマスカラ、驚きのロングには2カラ―あります。漆黒ブラックとブラウン。自分の雰囲気にあった色を使うと目が大きく見えつつ自然に仕上がります!!ブラウンは、ナチュラルで優しい目の印象になります。

さらに長く見せるには?

マスカラのブラシの凹部分のカーブをまつげの根もとにフィットさせ、まつげ全体を持ち上げるようにフィルム液をのせます。そして、全体を仕上げたあと、ブラシを縦にして、先端でまつげの先にファイバーを足すように塗ります!完全に乾いたあとに、カーラーを使うととても効果的です。

Ⅱ瞬間・ボリュームアップ『塗るつけまつげ』

マスカラひとぬりでボリュームアップできます。独自開発のブラシが、まつげ1本1本をとかすので、太さはそのままでタバになることなくしっかりボリュームアップできます。時間がたってもくすみません。

キレイにボリュームアップするには

一度にブラシにマスカラ液をたっぷりとのせて、根もとからまっすぐスッと塗ると、ダマタバ出来にくく綺麗に仕上がります!もし、塗るときに目の周りについてしまったら、乾いてから綿棒でこするとキレイにはがせます!

Ⅲ上向きキープでクッキリ際立つ『塗るつけまつげ』

フィルムタイプ史上最高の”上向き”キープさせたマスカラです!長い毛と短い毛がまじりあった独自のブラシが、フィルム液をまつげにたっぷり絡ませ、上向きまつげをつるんとコーティングします。

上向きキープの秘密

まつげが下がる原因となるのは、液中の水分の減量です。その水分の減量を防ぐ開発にデジャヴュは成功しました。カーラーで立ち上げた上向きまつげを1日中しっかりとキープします。

Ⅳ目じり 目頭 下まつげ 隙なしロング『塗るつけまつげ』~部分用~

いつものマスカラメイクにプラスして さりげなく、もっと目力をアップさせるマスカラです!短いまつげや細いまつげに絡まりやすい業界最小級の極小ブラシで、通常では塗りにくいまつげもしっかり塗れます。

デジャヴュのマスカラ”塗るつけまつげ”3種類つけ比べてみた!

デジャヴュの”塗るつけまつげ”は、3種類のマスカラタイプになっています。ロング・ボリューム・上向きタイプ。自分の求める希望の仕上がりがどれなのか参考にしてみてください!!

すべてのマスカラに

デジャヴュのすべてのマスカラに美容成分配合(保湿成分)が配合されています。日中もしっかりまつげケアができ、落とす際も優しくツルンっと落ちるので、まつげに優しいです。

『デジャヴュのマスカラ』口コミ♪

フィルムタイプのマスカラの先駆けと言えば、デジャヴュの「塗るつけまつげ」です!
2001年に発売されてから、多数のベスコスメの賞を獲得しました。今もなお愛用者を増やし続けるているマスカラです。実際使った方がどのような感想があるのか、まとめてみました♪

私のまつげのすべてを、とても自然にランクアップさせてくれる★ やっと使い続けたいと思えるマスカラに出合えました。

出典:http://www.cosme.net

まるで自まつげが伸びたような長くキレイな仕上がりに感動! 部分用をプラスしたから360°スキなしの美まつげに。目力アップしつつ上品さもキープされてるのがうれしい。

出典:http://www.cosme.net

かなりリピートしています。ダマになりにくく、重ねづけをしてもダマにならないのですが、かなりやわらかくて、頑張って頑張ってビューラーで上げたまつげもマスカラすると下がってきてしまいます。乾いた頃にホットビューラーでまた上げる。でも優秀なのでリピートしてしまいます。

出典:https://x-storage.cir.io

マスカラだけじゃない!アイメイクは任せて♪デジャヴュのアイメイク

マスカラと一緒に考えたいのが、アイライナー&アイブロウです。デジャヴュならではの、アイメイクのこだわりがそこにはありました♪

密着アイライナー『24時間瞳クッキリ』~筆ペンリキッド~

アイラインの液が乾くと、撥水効果のあるフィルムに変化し、皮脂・汗・涙のこすれからしっかりガードします。ありがちなラインのにじみや薄れを防ぎます。デジャヴュ自信のコシのある極細の筆ペンタイプなので、目のキワやまつげの間も埋めやすく、目尻のハネもなめらかに描けます。

繊細ラインも太めラインも思いのまま

デジャヴュのアイラインはとにかく発色がいいです!難しい目尻のハネもコシのある細筆ペンで、キレイに書けます♪ブラックとブラウン、仕上がりの印象が違うのでお好みに合わせて使い分けるのもおすすめです!

密着アイライナー『24時間瞳クッキリ』~繰り出しペンシルタイプ~

デジャヴュ密着アイライナーは、密着成分が描いたラインをしっかりコートしてくれます。皮脂・汗・涙をはじいて、にじみやパンダ目を防ぎます。ペンシルタイプには珍しく、こすってもラインが薄くなりません。

密着アイライナー『24時間瞳クッキリ』フェルトリキッドタイプ

デジャヴュ「密着アイライナー」フェルトリキッドタイプは、アイラインを描くのが苦手な方&初心者の方にも、手ブレしらずでさっと描けます。適度にコシのある細めのフェルトペンで、常に液が一定量出てくる設計となっているため、にじみ・かすれのないラインが描けます!

デジャヴュのペンシル型眉パウダー

ペンシルとパウダーのいいとこどりをしたデジャヴュ自信の新しいアイブロウです。パウダーをペンシル状に練り固めたアイブロウなので、眉じりまでさっと描けて簡単にキマります!さらにブラシでぼかせば、パウダー状にほぐれてふんわり自然な仕上がりになります。

髪色に合わせやすい3色展開もうれしい!

デジャヴュのペンシル型眉パウダーは3色展開!意外と眉ブロウって2色のものが多いです。明るいか暗いか・・・そのどちらか。黒髪の人用、落ち着いた髪色の人用、明るめの髪色の方と3色展開してくれると違和感ない層が書けるのでいいですよね。

新商品ではアイメイク以外の商品も!

ここにも、デジャヴュの「こんなのなかった、欲しかった」のポリシーが伝わります。
「テカるのに、乾燥する」そんな大人テカリの悩みに、働きかけた商品です。

デジャヴュから下地が!

大人テカリの悩み解決には、皮脂バランスの改善が必要!そこに着目して作られたのがこの下地。過剰な皮脂の分泌を防いでテカリにくい肌に整えてくれる、皮脂バランスの調整下地です。
コラーゲンやヒアルロン酸などの美容保湿成分配合により、乾燥対策もバッチリです。さすがデジャヴュ!!!

デジャヴュで目ヂカラUP

デジャヴュのマスカラ&アイラインで無敵のアイメイク♡

いかがでしたか?!『塗るつけまつげ』のキャッチコピーで有名なデジャヴュですが、アイメイク商品だけで高品質な商品が多数ありました!!消費者の「こんなの欲しかった~」という商品への開発の取り組みも素敵です。次出る商品も楽しみですね。
フィルムタイプマスカラの本命とも言える「塗るつけまつげ」ぜひ試してみて♪

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ