「近視・遠視」で違うんです!【眼鏡メイク】でもっと美人に見せる♡

    秋になるとかけたくなる、おしゃれな‘‘眼鏡’’。知的に色っぽく見えるのに、眼鏡を外すと可愛らしくて、そのギャップにきゅん♡としてしまいますよね。しかし、眼鏡をかける時に普段と同じメイクをしてはダメ。そこで今回は、《眼鏡メイク》をご紹介します!

    ‘‘眼鏡’’をかけるなら、メイクも変えよう♡

    秋になるとかけたくなる、おしゃれな‘‘眼鏡’’。

    「眼鏡をかけている女子が好き」という男性も多く、知的に見えるのに外すと可愛い、というギャップに萌えるのだとか。

    しかし普段と同じメイクをして眼鏡をかけると、ちょっと印象が強すぎるかも……。

    そこで今回は、《眼鏡メイク》をご紹介します♡近視や遠視でメイクを楽しめない!と悩んでいる人も必見です!

    眉毛は‘‘眼鏡のカーブ’’に合わせて♡

    まず、眉毛は‘‘眼鏡のカーブ’’に合わせて描くことが重要です。

    眼鏡は眉毛の角度を強調するため、角度のある眉毛だと目元がキツく見えてしまいます。

    眉毛は眼鏡のカーブに沿った、ゆるやかなカーブで描いてくださいね♡

    チークは‘‘いつもより下め’’がマスト!

    次にチークの付け方をお教えします。

    普段は頬骨の高い部分に入れる方が多いと思いますが、眼鏡をかけるとチークを入れた部分と重なってしまい、色がより強調されて幼く見えてしまいます。

    ‘‘普段よりも下め’’を意識して、眼鏡のフレームとチークを入れる位置が重ならないようにしましょう♡

    アイメイクは‘‘近視・遠視’’で違うのです♡

    【近視さん】はパッチリEYE♡

    レンズの影響で目が小さく見えてしまう‘‘近視’’。

    【近視・フレーム有り】さんのアイメイクは、メリハリを意識して!

    アイシャドウはダークカラーを太チップ程度の幅に引き、アイラインは目尻側1/3をやや太めに。マスカラは根元にしっかりつけましょう♡

    逆に【近視・フレーム無し(金縁・銀縁も含む)】さんは、ボリュームに重点を置きましょう。

    アイシャドウは太チップよりもやや広めに入れ、マスカラは2度塗りしてグッと吸引力のある瞳に仕上げてください♡

    【遠視さん】はフレームで違うので要チェック!

    レンズの影響で目が大きく・腫れぼったく見えてしまう‘‘遠視’’。

    【遠視・フレーム有り】さんは、どれだけナチュラルに見せられるかがカギです。

    アイラインを出来る限り細目に引き、その上に薄く重ねるようにアイシャドウを乗せます。マスカラは根元に薄く1度だけ塗りましょう♡

    【遠視・フレーム無し(金縁・銀縁も含む)】さんは、メリハリを付けてメイクしましょう。

    アイシャドウは太チップ程度の幅に引き、アイラインはやや太めに引きます。マスカラは根元はしっかりめ、毛先は軽めに仕上げてくださいね♡

    《眼鏡メイク》で、もっと美人に見せちゃおう!

    かけると知的で色っぽい、外すと可愛らしい‘‘眼鏡’’。せっかく持っているのに、普段と同じメイクと合わせると魅力半減しちゃうかも……。

    近視だから、遠視だから、とメイクを楽しめなかった人も、今回ご紹介した方法でもっと美人に見せちゃってくださいね♡

    関連するまとめ

    このまとめに関するまとめ

    TOPへ