記事ID120014のサムネイル画像

    AKBの〇〇が使ってSNS大混乱♡《キラキラアイシャドウ》ベスト3

    私たちの目の前まで迫っている、夏。‘‘目は口程に物を言う’’から、大好きなカレをキラキラな目で落としちゃいましょう♡今回は、AKB48総選挙で殿堂入りを果たした〇〇さんから火が付いたアイシャドウも含め、《キラキラアイシャドウ》ベスト3をご紹介します!

    夏だもん!キラキラな目でカレを落としたい♡

    みなさん、先日の‘‘AKB48総選挙’’はご覧になりましたか?結婚宣言や卒業発表など、ファンの間では驚きと悲しみが交錯していたように感じます。

    筆者は毎年総選挙をなんとなく見ているのですが、今回ばかりは目が離せませんでした。なぜなら、総選挙1位のさっしーこと指原莉乃さんのアイシャドウがキラキラ眩しくて、ドキドキしてしまったから……!

    「なんのアイシャドウを使っているの!?」とSNSが大混乱!それほど《キラキラアイシャドウ》には魅力があるのですね……!

    そこで今回は、指原莉乃さんが使っているものも含め《キラキラアイシャドウ》をランキングにしてみました!キラッキラな目でカレを落としましょ♡

    大人気アイドルも使ってる♡‘‘キラキラアイシャドウ’’ベスト3!

    ひと塗りでトレンドアイをGETできる【第3位】アイシャドウは……?

    しっとりとした質感で、メイク初心者でも簡単にグラデーションが作れるコスメデコルテの‘‘アイグロウジェム’’。ラメが絶妙な大きさなので、まだまだトレンドの濡れ感をひと塗りで演出できます。

    コスメ好きの人たちに根強く愛される理由は、発色だけでなくスルスルっと伸びるのに、持ちにとっても優れているから。

    8月に発売される限定色も見逃せません♡

    コスメデコルテ AQ MW アイグロウ ジェム ¥2,700(税抜き)

    購入はこちら

    【第2位】は絶対自分好みが見つかる♡

    99色がズラリと並ぶ姿は圧巻、ADDICTIONの‘‘ザ アイシャドウ’’。

    マットな質感からヴェールを被せたように見えるもの、まるで濡れているかのようにキラキラと光るものまで揃っているので、自分好みのアイシャドウが必ず見つかります。

    そして筆者が1番オススメするADDICTIONのキラキラアイシャドウは、断然‘‘92番 Mariage(マリアージュ)’’。ラメが大きめで、瞬きのたびにキラキラッと輝きます。

    持ちが良く、時間が経ってラメが落ちてくる、なんてこともありません。

    ADDICTION ザ アイシャドウ ¥2,160(税込)

    購入はこちら

    殿堂入りアイドルが使ってSNSが大混乱!【第1位】のアイシャドウは?

    今テレビ見てて思ったんだけどやっぱり指原莉乃ちゃんのアイシャドウ可愛い♡♡写真だとあまり伝わらないけどテレビで見るとほんとにキラキラで綺麗なの何使ってるんだろうpic.twitter.com/ZCJg3hxgE2

    記事番号:120014/アイテムID:3965609のツイッターの投稿画像

    Thu, 15 Jun 2017 11:32:19 GMT

    指原莉乃さんがアイシャドウについて教えてくれないとわたしの総選挙終わらないから早く教えてほしい…

    Sat, 17 Jun 2017 17:17:15 GMT

    そして栄えある第1位は韓国の人気コスメブランド、CLIO(クリオ)の‘‘プロ シングル シャドウ G10 パールフェクション’’。

    CLIOは特にファンデーションやリップの評価が高く、こちらのアイシャドウは先日のAKB48総選挙でスピーチをする指原莉乃さんから火が付きました。

    ライトアップされる指原さんが動くたびに、見惚れてしまうほど美しく輝くアイシャドウ。時間が経ってもヨレず、ラメが飛ぶこともない上にこの価格。

    総選挙3連覇を成し遂げた指原さんを、より美しく引き立ててくれた‘‘G10 パールフェクション’’は、注文殺到で品薄状態。急いで手に入れてくださいね♡

    CLIO プロ シングル シャドウ ¥1,200(税込)

    購入はこちら

    《キラキラアイシャドウ》でカレの心を狙い撃ち♡

    こんなキラキラな目で見つめられたら、カレもドキドキしっぱなしのはず♡

    まだカレを落とす準備の出来ていない人は、‘‘アイグロウジェム’’や‘‘ザ アイシャドウ’’、《キラキラアイシャドウ》界に突如現れたスター‘‘CLIO プロ シングル シャドウ''を今すぐ手に入れましょう♡

    関連する記事

    この記事に関する記事

    TOPへ