まつげパーマを長持ちさせるコツとオススメのマスカラをご紹介

まつげパーマは古いと思っていませんか?まつげパーマは、たっぷり盛りたい方には物足りなく感じるかもしれません。でも、まつげパーマにマスカラをプラスする事でデカ目になれるんです。今回は、まつげパーマの長持ちのコツやオススメのマスカラなどをご紹介していきます。

デカ目に欠かすことの出来ないアイメイク

女の子の憧れるデカ目を演出するためには、アイメイクは必須ですよね。最近では、まつげエクステやまつげパーマをしている方も多いはず。皆さんは、まつげエクステ派ですか?それとも、まつげパーマ派ですか?

まつげエクステやまつげパーマなどには、それぞれメリット、デメリットがあります。それを踏まえた上で、自分に合った方法を選ぶようにしましょう。今回は、まつげパーマについてを紹介していきます。

まつげパーマのメリット

まつげエクステよりも安い

まつげエクステだと一回の施術で一万円近くかかるサロンもありますが、まつげパーマであれば、3,000円~5,000円程で施術が可能なので、経済的です。

お手入れが楽

まつげパーマの嬉しいところは、何といってもお手入れが楽という事ではないでしょうか。まつげエクステの場合、日常生活で気を付けなければいけない事も多いのですが、まつげパーマにはそのような面倒な事は不要なところが嬉しいですよね。

メイクが楽

まつげパーマをする事によって、既にナチュラルなアイメイクは完成していると言っても良いでしょう。そこに少しいつものメイクをプラスする事で、メイク時間がグッと短縮されます。

長持ちする

まつげエクステであれば、2週間程経った頃から、メンテナンスが必要になる場合もありますが、まつげパーマであれば、まつげの生え替わりと言われている3週間程は持ちます。

セルフでも出来る

慣れるまでは難しいかもしれませんが、何度か行う事でまつげパーマを簡単にセルフでする事が出来ます。なかなか、サロンに行く時間がない方には便利なアイテムです。

まつげパーマには、意外とたくさんのメリットがありますよね。では次に、まつげパーマのデメリットを紹介していきます。

まつげパーマのデメリット

しっかりデカ目にはなれない

まつげパーマは、まつげエクステと違って、自まつげをカールしているだけの状態なため、ナチュラル派の方にはオススメです。ただ、マスカラをプラス事で、デカ目になる事も可能です。

まつげへの負担が大きい

まつげパーマをする際は、もちろんパーマ液が必要となります。最近では、クリームタイプのパーマ液など、まつげの負担を少なくするものもありますが、まつげエクステやマスカラなどよりも負担は大きいです。

せっかくまつげパーマをかけても、直ぐにカールが取れたり、まつげを傷めてしまっては勿体ないですよね。では、まつげパーマを少しでも長持ちさせるコツを確認していきましょう。

まつげパーマを長持ちさせるには

目を強く擦らない

目を強く擦りすぎる事で、カールを弱める原因になりますし、まつげを傷める原因にもなります。また、マスカラを塗った際などに行うクレンジングでも擦りすぎないように注意しましょう。

ビューラーはかけない

まつげパーマが弱くなってきた際に、ついビューラーをかけたくなるかと思いますが、ビューラーはまつげにとって、とても負担が大きいので、ビューラーは控えるようにしましょう。

うつ伏せ寝をしない

うつ伏せに寝ることによって、まつげが寝具に擦れ、まつげパーマのカールが取れてしまう原因になります。また、摩擦でまつげを傷める原因にもなります。

まつげ美容液を塗る

まつげ美容液を毎日しっかり塗る事で、まつげパーマを長持ちさせます。美容液を塗って、まつげを元気にしてあげましょう。

マスカラを使う際の注意点

まつげパーマだけでは、しっかりしたデカ目にはならないため、マスカラを使いたい日もありますよね。次は、マスカラを塗る際の気を付けたい点をご紹介していきます。

マスカラを塗る前に、マスカラ下地を塗る

マスカラ下地を塗る事で、まつげをコーティングしてくれ、まつげへの負担を減らす事が出来ます。マスカラ下地には、美容液成分や保湿成分が配合されているものもあります。

フィルムタイプのマスカラを使う

マスカラを塗りたい時には、まつげへの負担が少ないフィルムタイプのマスカラを選ぶようにしましょう。お湯でオフが可能なため、クレンジングの際のまつげへの負担が減り、まつげパーマの長持ちにも繋がります。

クレンジングは、リキッドタイプがオススメ

クレンジングの際、肌やまつげに負担が少ないのがリキッドタイプのクレンジングです。まつげを擦る事で、まつげパーマのカールは取れやすくなってしまうため、優しくマスカラを落とす事が重要です。

マスカラを使いたい場合、出来るだけまつげに負担はかけたくないので、まつげパーマをしている時でも負担の少ないマスカラや、まつげケアに必須な美容液を次にご紹介します。

まつげパーマにオススメのマスカラや美容液

デジャヴュ キープスタイルマスカラ

¥1,620(税込)

まつげパーマの上向きをしっかりキープしてくれるマスカラで、ボリュームも期待できます。フィルムタイプで、美容成分もしっかり配合されています。

メイベリンニューヨーク ラッシュニスタ

¥1,296 (税込)

フィルムタイプのロングマスカラ。超コンパクトブラシで、まつげ一本一本しっかり塗る事が出来ます。上向きまつげをキープしてくれるので、まつげパーマのカールがまばらになってきた時にもオススメです。

スカルプDボーテ ピュアフリーアイラッシュ ブラック

¥1,940(税込)

マスカラなのに美容液成分も配合されているので、これ一本でまつげケアも可能です。お湯でオフ可能なのと、プチプラなのも嬉しいですよね。

EYEZ アイラッシュ リポゾーン(まつ毛トリートメント美容液)

¥3,024(税込)

マスカラタイプで塗り易いまつげ美容液。マスカラ下地としても使えます。まつげパーマで受けたダメージを補ってくれます。

まつげパーマ+マスカラで理想の目になろう

いかがでしたでしょうか。まつげパーマでナチュラルデカ目に、まつげパーマ+マスカラでしっかりデカ目を演出しちゃいましょう。また、メイクを楽しんだ後は、しっかりケアして、いつでも元気なまつげを保つようにしましょう。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

TOPへ