1、適量を守るまずは手の甲に化粧下地を出します。この時に大事なのは量!多ければ多いほどしっかりカバーされるというものではありません。適量が大事なのです。 手の甲に出したら成分が均一になるよう、優しく混ぜ合わせます。

この画像が掲載されているまとめ

この画像が掲載されているまとめ