濃いメイクの仕方をマスターして!外人風なセクシーさを演出する

女性はその日の気分でメイクを変えたりしますよね。ナチュラルメイクも、そして濃いメイクもしたい。そんなコロコロ変わるのが乙女心だったりします。今回は濃いメイクの仕方を覚えてみましょう。メイクの仕方をマスターすると楽しい毎日が待っています。

濃いメイクの仕方を覚えてモード感を演出して

濃いメイクやナチュラルメイク…。様々なメイク方法がありますが、その日の気分や場所によって違うメイクにしたくなるのが女心。今回は濃いメイクの仕方をご紹介します。

つけまなしで”目元‘‘を濃いメイクにしたい

つけまつ毛なしでのアイメイクの仕方をご紹介します。もちろんつけまつ毛をつけると、より一層濃いメイクに仕上がりますが、マスカラだけでも十分だと思うので、是非試してみてください。

アイシャドウ

ホール全体に塗る

全体にゴールドブラウンのアイシャドウを塗りましょう。

グラデーションを作る

つり目になるように、ゴールドブラウンよりも濃いめのアイシャドウでグラデーションを作ります。

アイライナー

目尻からはみ出して

太めにアイライナーを入れます。目尻からはみ出させてあげることがポイント

下瞼にもアイライナー

下の瞼には、ブラウンのアイライナーを入れてあげましょう。また、涙袋にゴールドブラウンのアイシャドウを塗りましょう。

二重の線にシャドウ

二重の線にシャドウを入れてあげます。

マスカラを塗る

マスカラを2、3回塗ってあげましょう。そのときに下まつ毛にもしっかり塗ることが大切です。

濃いメイクで大切なのは”眉‘‘

平行ふと眉

濃いメイクのときは、平行ふと眉でモード感を演出しましょう。また、眉毛がしっかりしている場合はパウダーで整える程度で大丈夫です。眉頭はぼやけさせた方が、浮かずにナチュラルに仕上がります。

ノーズシャドウ

ノーズシャドウもしっかり入れる

日本人は目鼻立ちがはっきりしていないので、ノーズシャドウをしっかり入れる事で濃いメイクに仕上がります。眉頭の下から鼻の付け根の窪みにノーズシャドウを入れてあげると自然に見えます。Tゾーンにハイライトも忘れずにのせましょう。

濃いメイクは‘‘チーク”の仕方でも印象が変わる

チークの入れ方

濃いメイクのときのチークはオレンジ色がベスト!やり方は、黒目から下へ三等分して、点ができたところにチークを入れてあげます。

余分な粉を落とす

チークをブラシでとったら、ティッシュに余分な粉を落としましょう。

楕円形にチークを入れる

画像の線で描かれた部分を2回塗ってあげましょう。横長の楕円形を目指してチークを入れてあげることが大切です。

濃いメイクは‘‘リップ”で整えてあげる

角質を落とす

リップを塗る前に、ブラシで唇の角質を落としてあげましょう。

保湿

リップを塗って保湿してあげます。

ファンデーションを塗る

その上に、ファンデーションを塗ってあげましょう。

リップペンシルを使う

リップペンシルを使って、唇の輪郭を描きます。リップシルは唇をより美しく見せるために、使用します。少しオーバーに書いてあげるとぷっくり唇になります。

赤いリップで

リップペンシルで描いた中も塗ってあげましょう。赤いリップをチョイスすると、より一層濃いメイクに仕上がります。

濃いメイクの仕方をマスターしてメイク達人に!

濃いメイクの仕方をマスターすると、毎日のメイクがますます楽しくなると思います。様々なメイクの仕方を覚えて、おしゃれな女性を目指しましょう。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ