【一重のつけまつげの付け方】一重には一重のやり方が!5つのコツ

目元で人の印象が決まってしまうと言っても過言ではありませんね。だけど、一重の人は目元に自信のない人が多く、つけまつげの付け方に戸惑い諦めてしまう人も多いとか。一重には、つけまつげの付け方にコツがあるのです。諦めないで!一重のつけまつげの付け方5つのコツご紹介。

【一重は損?】一重の魅力は二重に勝てないのか

冷たい気温から目を守る

一重まぶたの脂肪が多いのは、外気と眼球が触れる面積が狭く、冷たい外気の影響を少なくするためだと言われています。

衝撃から目を守る

脂肪は多ければ多いほど、当然、衝撃などから目を守ってくれることになりますね。一重のように、まぶたが厚いと、目を保護してくれるわけです。

海外では人気?

一重まぶたは、『オリエンタルアイ』『アーモンドアイ』と呼ばれており、アジアンビューティーの象徴ですね。外国人の評価も高いのです。

知的でクール

一重まぶたの魅力は、クールで落ち着いた雰囲気を出せて、可愛いよりカッコいい!と言うことです。クールビューティーな女性が好きな男性ももちろんいます。

一重まぶたって、生物学的には二重よりも断然素晴らしいのです!そうは言っても、目をスッキリとさせたい女心もありますよね。今回は、付け方が難しくて上手くいかないと、つけまつげを諦めてしまった一重の皆さんに、「一重のつけまつげの付け方のコツ」をご紹介します。

【付け方が面倒】つけまつげにメリットはあるのか

メイクの幅が広がる

もちろん、つけまつげを、つけるのとつけないのとでは、全然違うわけですから、幅は当然広がります。つけまつげも、付け方次第で変わってきます。

目が大きくなる

一重がアジアンビューティの魅力と言っても、やはりスッキリさせるには、大きさが少しほしいところ。つけまつげの付け方によって、まぶたの脂肪も押し上げられるので、目は大きくなります。

地味ではなくなる

やはり、一重の人は目元が地味になりがち。つけまつげの付け方のよっては、華やかな演出も出来るので、気分も上がります。

自分のまつげを傷めない

エクステは、つけまつげよりもメイクが楽ですが、そのぶん、まつげへの負担も相当あり、ケアにも注意しなければなりません。

安くつく

まつげエクステは3週間程度でメンテナンスしにいき、またコストもかかりますが、時間もお金も余裕がなくても出来るのが、つけまつげ。付け方さえうまくいけば、安いし、問題ありません。

種類が豊富

つけまつげは種類が豊富にありますので、その日のメイクやファッションで付け方を変えて、おしゃれを楽しめます。

これはメリットが多い!つけまつげをしたくなってきませんか?何だったら一重でよかった!こんなにも楽しめるなんて思えませんか?あとは、一重の人が苦手な「付け方」。一重のつけまつげの付け方のコツを知りたいですね。

【付け方の前に】まず、つけまつげの選び方

【一重の付け方】目尻にポイント

一重は立体感を作るために、目尻にポイントのあるつけまつげがおすすめです。目尻にかけて長くなっていくようなものが一重に向いているつけまつげです。

【一重の付け方】長めのつけまつげを使用

一重の人は、自まつげのほとんどが、まぶたで隠れてしまいます。長めのつけまつげを選んで、しっかりカールできるようにしましょう。

目尻にボリュームを持ってくるのが選び方のコツのよう。これなら、一重最大の魅力、切れ長のクールビューティーを十分生かせそうな気がします。

【一重の付け方】一重専用つけまつげ使用

企業が一重のために開発した商品ですから試す価値ありです。こちらは初心者向けで目立ちすぎず自然な印象になるようにしているそう。

一重によく似合うつけまつ毛  価格 500円

一重専用のつけまつげってご存知でしたか?メーカーも様々な要望に応えていますね。これだけ商品が出ているなら、不可能はもうないのかもしれません。

一重のつけまつげの付け方のコツ

【一重の付け方】目頭はつけない

一重の人は、目頭からぴったりの長さにしてしまうとつけづらく、さらに取れやすくなるのです。目頭から3分の1程度はつけまつげをつけないようにするのが一重の付け方のコツ!

【一重の付け方】しっかり乾かす

一重まぶただと、どうしてもつけまつげが浮きやすくなります。しっかりと乾くまで指でおさえておくことが付け方のコツです。

【一重の付け方】ピンセット使用

一重はまぶたの肉が暑く、このまぶたが邪魔をしてつけまつげがつけにくい事があります。ピンセットを使用するとつけやすくなりますので、おすすめです。

【一重の付け方】鏡を下に置く

つけまつげは、ぱっちり目を開いたままつけるのは一重にはなかなか難しいもの。下目づかいになる位置に鏡を置いてつける付け方が一番つけやすいです。

【付け方の前に】付ける前にマスカラ

一重の人はつけまつげを付ける前に、自まつげをビューラーでカールしてマスカラでカールしておく。まぶたが乗った自まつ毛に、つけまつげがなじみます。

一重の人が、二重と同じような付け方をするから上手くいかなかったのです。一重には一重の付け方が。これさえ押さえれば大丈夫ですね。

【つけまつげの付け方】一重だって難しくなかった!

一重には一重の付け方のコツがある

いかがでしたか?一重のつけまつげの付け方のまとめでした!一重はアイメイクに向かないのではなく、コツがあっただけなのです。一重の方がたくさん目元の印象を変えられるので、むしろ長所なのかもしれません。一重の人も、堂々とつけまつげを楽しみましょうね。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

    TOPへ