目指せ白雪肌。今から始める美白UVケアで1年中白い肌を守ろう!

みんなの憧れ白雪姫。白雪姫の真っ白なお肌は誰もが憧れますよね。夏は絶対焼きたくないみなさん。日焼け止めの準備はもう出来ていますか?UVケアをしながら美白になれたら嬉しいですよね。そんな抜かりない美白ケアを叶えるために実力派の日焼け止めをご紹介します!

美白ケアは”春”が勝負!

美肌女子でいたいなら”春のケア”が大事!

透明感のある白い肌でいたいなら春から本格的な美白ケアを。

春はもう、紫外線が強い。

春の紫外線恐るべし、おかげさまで肌荒れしまくってまーーーーす

Mon May 09 23:23:18 +0000 2016

今日の天気は結構好きだけど、こゆ時、確か紫外線はかなりだった気が。春、油断ならないぜε-(´∀`; )

Mon May 09 02:54:21 +0000 2016

UVケアは春からが本番

紫外線は夏からと思っているあなた。
紫外線は春から強度を増して、お肌への負担が心配される季節です。

なんとなく「UVケアは夏にするもの」と思っているあなた。
夏からのUVケアでは手遅れです!

今のうちからきちんとUVケアをして憧れの白雪肌を目指しましょう。

誰もがやりがち。NG美白UVケア

今年こそは夏も美白を保つ!
そう誓って早何年?

ちゃんと日焼け止めを塗っているのに焼ける・・・
もしかしたら間違った美白ケアをしているのかも。

間違い1 「SPF50日焼け止めへの過信」

日焼け止めを買う時、何で選んでますか?
ブランド、値段、パッケージ・・・
1番多いのは「SPF」でのセレクトなはず。

SPF50は凄いはず・・・

夏、日焼け止めを買うならSPF50。
これを塗っていれば絶対焼かない!と思いがち。

実はSPFがたとえ高くても汗をかいてしまったり、メイク直しの為にティッシュオフして落ちてしまえばその効果は激減。

間違い2 「さっと外出前に日焼け止めを塗る」

これはやりがちな方多いのではないでしょうか。
忙しい朝。日焼け止めは出る5分前・・・

実は、塗りたてはまだ日焼け止めの効果を発揮してない!

紫外線に当たる直前に日焼け止めを塗ると、肌に日焼け止めが馴染むまでの間に、
日焼けしてしまうおそれが・・・

外出する20〜30分前に余裕を持って日焼け止めを塗ると心にも余裕が。

日焼け止めはメイクの前に

【オススメしたい塗り手順】
そんな時間確保できないって人にオススメしたい塗り手順。

1 まず、ボディに日焼け止めを塗る
2 顔に塗る
3 ファンデーションを塗って、メイクを始める

いつもの手順を逆にするだけで馴染み時間を確保できるかも。

間違い3 「去年の日焼け止めの残りを使う」

これは夏あるある?
去年の夏に買った日焼け止め。
勿体ないから今年も使おう!と考えるかたは多いはず。

一年過ぎると日焼け止めとして効果がなくなってしまうことも。
一年経ってしまった日焼け止めは、どんな残っていても捨ててしまったほうが◎

まだ開けていない日焼け止めなら・・・

「常温」で保存しましょう。

冷蔵庫に入れる人もいるかもしれませんが、常温で保存した方が効果が落ちずに来年もしっかり使える。

間違い4 「朝塗ったから1日大丈夫」

朝塗ったから大丈夫!
そう思いがちですよね。
しかし、汗やメイク直しで落ちてしまうことも。
「こまめに塗り直す」のが◎

SPF値の高い低いに関係なく2〜3時間ごとに塗り直すことが必要。

オススメの日焼け止め

エリクシール ホワイト デーケアレボリューション C (SPF30) ¥3,456(税込)

朝、化粧水の後はこれ1本で美白ケア完了。
伸びとつけ心地も◎

エスティ ローダー  クレッセント ホワイト UV プロテクター ¥5,616 (税込)

化粧下地にもなる日焼け止め。
肌にすっと馴染む軽やかなつけ心地。

オルビスユー ホワイト デイモイスチャー ¥2,268(税込)

気になる紫外線をブロックしつつ、美白有効成分が働きかけます。

ディオール スノー ブルーム パーフェクト SPF35/PA+++ ¥12,000(税抜)

肌にしっかり浸透し、内側から明るい透明感が咲き誇る素肌へ。

今年こそは・・・を実現しよう。

いかがでしたか?
毎年願う「今年こそは美白になる!」
今年こそは憧れの白雪肌を目指して、UVケアを頑張りましょう!

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ