【メイクが映えない薄い顔】薄い顔を活かすメイクで蒼井優になれる?

日本人女性に多い薄い顔。メイクが映える、はっきりとした濃い顔に憧れる人は多いですが、薄い顔は決してメイクが無駄なのではありません。薄い顔の良さを活かして美しさを出せている女優やタレントもいるのです。薄い顔の正しいメイク法をご紹介します。

【メイク次第】薄い顔はモテる顔?薄い顔の美人

小西真奈美さん

色白で控えめな印象の小西真奈美さん。スッキリとした顔立ちが非常に美しく自然で好感度も高い女優さんですね。薄い顔と言えば必ず名前が挙がる一人。

吉瀬美智子さん

素敵な笑顔の吉瀬美智子さん。クールでカッコいい印象と爽やかな笑顔で女性の憧れ的存在。ミステリアスな雰囲気も魅力です。濃いメイクの時は田舎っぽくなってしまっていましたが、現在の薄い顔を活かすメイクで大ブレイク!

小雪さん

ミステリアスな女性代表です。そういえばメイクもいつも薄めですね。薄い顔の良さを引き出す上手なメイクです。

蒼井優さん

とびきりの美人というわけではありませんが、薄い顔なのに、この抜群の存在感!透明感が半端ない根強い人気の女優さんです。

浅田真央さん

薄い顔ですが、試合ごと使用曲ごとに、メイクを変えるメイクの達人でもあります。ちなみにメイクはほぼ自分でされるそう。根強い好感度はこの薄い顔も影響があるかもしれません。

皆さん、本当にナチュラルで好感度のある人ばかり。どことなく引き込まれるような魅力がたっぷりです。そして共通しているのは、自分に合ったメイク法で美しさを引き出せているところ。今回は薄い顔のメイク法を調査しました。

薄い顔は好印象?薄い顔はウケやすい

薄い顔「ミステリアス」

薄い顔は好印象なのと同時に、ミステリアスな雰囲気の人も多いです。男性の狩猟本能は、逃げられると追いたくなるものです。クールな対応や自分が理解できないようなわかりにくい、ミステリアスな女性に惹かれ、追いかけたくなるのは男性の本能なのです。

薄い顔「ついてきてくれそう」

今の時代は、対等に付き合える女性が好きという男性もいますが、まだまだ頼られたい、引っ張りたい男性も多いのです。そういった男性からすると、薄い顔の女性は三歩下がてついてくるような、そんな印象に映るのでしょう。

薄い顔・守ってあげたい

薄い顔の女性は、表情に少しアンニュイさが出ているのも魅力の一つ。薄い顔の儚げな印象が、か弱さを演出し、男性に「自分が守ってあげなければ!」と思わせる一因となるようです。

薄い顔「女性らしい」

薄い顔の女性に、男性は女性らしい奥ゆかしさを感じるようです。濃い顔はどうしても、“意志の強さ”を感じさせますよね?その点、薄い顔なら「あなたの色に染まります」という古風なイメージを与え、我の強さを感じさせることはないでしょう。

確かに薄い顔の人は主張がなく、日本人女性らしい奥ゆかしさや、上品さがありますね。男性が本能的に守ってあげたいタイプなのでしょう。

薄い顔のメイクとは

ベースメイクのコツ

薄い顔の人で肌がもともと綺麗な人や、若い人の場合だとファンデーションは塗らない方が望ましいかもしれませんね。ベースメイクのコツは自分の肌を生かせるように、薄付きのBBクリームやCCクリームと使うといいですね。

リキッドファンデーションがおすすめ

薄い顔の人のメイクは、ファンデーションはパウダータイプよりリキッドやクリームの方が、ツヤ感が出て肌が自然に見えますね。

フェイスパウダー

フェイスパウダーがあることで、汗や皮脂を吸着してくれてお化粧もちが良くなるのです。メイク時のコツは、たくさんつけすぎないように、ブラシに取ったら手の甲ではらってから顔にのせましょう。

アイメイク

アイメイクはやりすぎると派手なメイクになってしまいがち。そんな時には、アイライナーやマスカラをブラウンのものにしてみましょう。

マスカラ

マスカラはボリュームタイプより、ロングタイプの方が薄い顔の人に適しています。ジグザグに塗るよりもスッとまつ毛をなぞって、それを何度か繰り返すメイク法が自然に見えます。

チーク

薄い顔の人のメイクは基本的に色を入れない方が自然に見せることができるのですが、顔色の悪さが気になる場合には軽くチークを入れると顔が明るくなって綺麗に見えます。

口もと

リップは赤すぎるなど濃い色を選んでしまうと強いメイクに見えてしまうので、色付きのリップクリームにパールの入っていないグロスを唇の中心に軽く塗るくらいがちょうどいいかも知れません。

薄い顔の人のメイクはカラーレスが基本です。基本的な肌の色とかけ離れているものを塗ってしまうとメイクが濃いと思われてしまうので注意が必要です!自分の個性を生かすメイクというわけですね。

薄い顔がしてはいけないメイク法

【失敗メイク】眉にインパクトを持たせ過ぎ

眉を太くしたり、濃くしたりしてインパクトを持たせるメイクだと、余計に顔を平たく見せてしまいます。
逆にはっきりと描いた細眉も、顔をきつく見せるのでNGメイクです。地の眉を生かしつつ、丸みのあるカープと柔らかいカラーで、優しい眉を意識しましょう。

【失敗メイク】マットなファンデーション

均一にファンデを乗せると、薄い顔は、もともとの陰影や奥行きがなくなってしまいます。また、パーツにインパクトがないタイプの方の場合は、余計に顔が大きく見えたり、能面のように見えてしまい、失敗メイクとなります。

【失敗メイク】ラインを強調する

パーツが小さい人は、アイラインやアイシャドウなど、濃い色でラインを強調するメイクをすると、きつい顔や表情が乏しい顔になってしまいがち。囲み目メイクはどうしても不自然になってしまうのでやめましょう。

確かに、薄い顔の人が、これをやってしまってはかなり不自然ですね。せっかくの薄い顔の良さを潰してしまうことに。注意したいところですね。

メイク次第で薄い顔はモテ顔に♡

薄い顔の良さを出す!

長所・・・涼し気、女性らしい、可憐、儚げ、柔らかい
短所・・・寂し気、地味、疲れてるように見えやすい、華やかさに欠ける

この長所をメイクで生かしていきましょう。

薄い顔はコンプレックスではない!

いかがでしたか?薄い顔の長所を生かす、正しいメイク法のまとめでした!薄い顔ってどことなく特徴がなくて損しているような気になっていませんでしたか?でも魅力たっぷりでしたね!正しいメイク法で自信を持って美しさを出していきましょうね。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

    TOPへ