いまさら聞けない眉毛の書き方!アイブロウを使いこなして美人眉☆

顔の印象を左右する眉毛ですが、アイブロウを使う自分の書き方に自信がなかったりしませんか?色んな種類のあるアイブロウは書き方もさまざまありますよね。そんなアイブロウを使って自分にあった書き方を見つけてみませんか?美人眉を手に入れちゃいましょう☆

まずは眉毛が書きやすいようにバランスを整えよう!

眉毛で顔の印象は大きく変わりますよね。
眉毛の書き方がわからない…とお悩みの方は必見。
書き方をマスターすれば、簡単に眉毛が上手にかけるんです♩
まずは眉毛の形を整えるところから始めましょう!

■眉頭
眉頭のスタートポイントは、小鼻のキワから目頭の延長上です。眉頭は自然に仕上げるために最も重要なポイントです。

出典:http://hadalove.jp

■眉山
眉山は、眉のカーブの1番高い部分です。黒目が正面の位置で、黒目の外側から目尻までの位置にあります。
眉を上に動かしたときに上がる部分(指で触れてみて高い部分)を眉山にすると表情に合わせて眉毛も動くので自然な仕上がりになります。

出典:http://hadalove.jp

■眉尻
眉尻は、眉山の下にある部分です。小鼻のキワと目尻の延長線上の長さがベストで、眉頭よりも眉毛の位置を下げないのがポイントです。

出典:http://hadalove.jp

まずは自分の眉毛がちょうどいい長さかどうかを確認しましょう。
アイブロウの書き方を学んでも眉毛のバランスが悪ければ、見栄えが良くないですし
自分にあった眉毛の形を見つけてからアイブロウの書き方を学んでいきましょう。

眉毛の基本の書き方をチェック

自分にあった眉毛の形を見つけ、整えてからは書き方を見ていきましょう。
眉毛を書くのに必要な道具はしっかり準備できましたか?
意外にも必要なアイテムは多いですよ。
眉毛美人になるためには、手間と時間をかけましょう♩

■使用するアイテム

・アイブロウペンシル(芯が柔らかく淡めの色)
・アイブロウパウダー(できれば濃淡2色入り)
・アイブロウマスカラ(自分の髪色とアイブロウに合わせた色)
・スクリューブラシ

出典:http://hadalove.jp

書き方①
眉毛に軽くパウダーを乗せてサラサラに整える
<余計な油分はヨレの原因になるので注意>

出典:http://hadalove.jp

書き方②
スクリューブラシで毛流れを整える

出典:http://hadalove.jp

書き方③
アイブロウペンシルで眉毛が薄い部分に1本1本の毛のようにして輪郭を書く<眉尻の細い部分は自然に眉山あたりから流すように書く>

出典:http://hadalove.jp

書き方④
アイブロウパウダーで眉山⇒眉尻の順に書く<眉頭~眉山あたりは淡い色・眉尻は落ちやすいので濃い色で書く>

出典:http://hadalove.jp

書き方⑤
アイブロウパウダーで眉頭より2mm程離した部分から眉頭に向かって書く

出典:http://hadalove.jp

書き方⑥
眉マスカラを毛の流れに逆らってつけ、その後は毛の流れに沿って眉毛を整えるようにつける<自眉とアイブロウパウダー&ペンシルが自然に馴染むようにする>

出典:http://hadalove.jp

書き方⑦
ブラシで整えたら完成

出典:http://hadalove.jp

■「基本眉毛」のポイント■

・眉頭をはっきり書きすぎない
・眉毛の黄金比を意識して長さを整える
・アイブロウペンシル⇒パウダーの順にする
<眉毛がしっかり密着し輪郭がはっきりするため>

出典:http://hadalove.jp

いかがでしょうか?
この書き方でアイブロウを使えば、どんなシーンでもきっと好印象を与えられると思います。
慣れるまで大変かもしれませんが、大切な基本の書き方なのでおさえておきたいですね。

流行りの「平行眉毛」の書き方がこちら♡

次に今流行りの「平行眉毛」の書き方を教えちゃいます☆
基本の眉毛の書き方と比べて、優しい印象になることができる平行眉はオススメです。
目元がきつくてお悩みの方はこの平行眉の書き方を覚えて、印象を変えちゃいましょう☆

記事番号:37672/アイテムID:1283617の画像

出典:http://m3q.jp

書き方①眉の上ラインを書く

まず眉の上側のラインを眉尻まで描きます。アイブロウペンシルだと強い印象になりがちなので、アイブロウパウダーを使って描くのがおすすめ。眉尻は少し下げ気味にすると、眉全体を見た時に平行眉に見えやすいです。それかみけんに強くシワを寄せた状態でまっすぐ描くのも良いみたいですね。

出典:http://m3q.jp

記事番号:37672/アイテムID:1283632の画像

出典:http://m3q.jp

書き方②はみ出した毛をカット

引いたラインからはみ出た部分をカットしていきます。キレイな眉というのは眉頭が薄くて眉尻は濃いという眉なので、できれば眉頭から眉尻がグラデーションっぽくできるとベスト!なのでハサミで眉をカットする時はそれを念頭に置いてカットしていってくださいね。

出典:http://m3q.jp

記事番号:37672/アイテムID:1283644の画像

出典:http://m3q.jp

書き方③3バランスを見ながら下のラインを描く

眉の下側のラインを眉尻へと繋げます。このときもアイブロウペンシルよりアイブロウパウダーを使うのがおすすめ。

出典:http://m3q.jp

記事番号:37672/アイテムID:1283663の画像

出典:http://m3q.jp

書き方④あとはパウダーで埋めたら完成!

アウトラインが引き終わったら内側をパウダーで埋めていきます。明るめのブラウンが日本人に似合うらしいんですが、眉の黒が残ってしまうと野暮ったく見えるので眉マスカラでなじませましょう。

出典:http://m3q.jp

いかがでしょうか?
基本の書き方から少し工夫すれば、流行りの平行眉を手に入れることもそんなに難しくなさそうですね☆
自分に合ったやり方を見つけて、アイブロウを使いこなしましょう。

上手に眉毛が書けるアイブロウペンシルを紹介♩

眉毛の整え方、書き方がわかったら、
眉毛を上手にかける優れものをご紹介します!

眉毛を書くのに慣れていない初心者さんは、
アイテムを揃えるところから始めるのも大切ですよ。

ケイト アイブロウペンシルN

1.5mmの超細芯で眉尻までキレイに描けるアイブロウペンシル。使いやすいくり出しタイプです。

実際にケイトアイブロウペンシルNを使用して書いた眉毛がこちら。
書いてる感が薄くて、自然でナチュラルな眉毛が書けていますね!

みためは安っぽいペンタイプですが結局これが一番使いやすいんですよね。常に持ち歩いてるほどのお気に入りです。

出典:http://www.cosme.net

もう何本リピしたかわかりません。他のに浮気しても結局これに戻ってきてしまう。細いので眉尻も描きやすい。汗をかいても落ちにくい。コスパも優秀。といった理由で、使い続けています。これを超えるアイブロウに出会える日がくるのかな。

出典:http://www.cosme.net

今まではエクセルを使用していましたが、こちらに変えます!持ちやすく、書きやすく、消えにくいです。コンパクトでお洒落なデザインも好きです。パウダー信者でしたが、ペンシルが大好きになりました。

出典:http://www.cosme.net

@cosmeで殿堂入りを果たしたケイトのアイブロウです。
超細芯で、書き方も難しくなくおすすめ☆
更に700円とプチプラなのもうれしいですね。

エクセル パウダー&ペンシル アイブロウEX

描きやすいペンシルとパール感のあるふんわりパウダーで、ぼかしの効いた美人眉が簡単に描けます。髪や瞳の色、ファッションに合わせて選べる、ベーシックからトレンドカラーを揃えました。

ペンシルでしっかり形を作って、パウダーとブラシでぼかして…
この手間を一本で解決☆
面倒くさがりな方でもこれなら上手に眉毛が書けちゃう♩

一本で、ペンシルとパウダーとブラシがついているので携帯にも便利です。ペンシルは、芯が硬すぎずやわらかすぎず、とてもなめらかな描きごこちです。また、パウダーは、ほどよくつくので、ぼかすのに、とても便利です。ブラシも、丁度良い硬さでつかいいやすいです。

出典:http://www.cosme.net

ふつうのアイブロウかと思いきや
パウダー・ペンシル・ブラシの3つの機能 が!!

これ1本で簡単3ステップが完了するだなんて本当にびっくり♪
描いて、ふんわりグラデさせて、ぼかす!!
今までにないほど簡単ステップです。
とっても描きやすいからきれいな眉に仕上がりました。

出典:http://www.cosme.net

繊細な部分に使いたいとき、ぼかして使いたい時など、用途によってこれ1本で使い分けられるなんて素敵すぎです。

出典:http://www.cosme.net

こちらも大人気のエクセルのアイブロウです。
一本で3役とこれ一本あれば、自分に会わせて書き方を選べそうですね。

眉毛の書き方は身につけば簡単☆

いかがでしたか?
眉毛の整え方、書き方、そしておすすめのアイブロウペンシルをご紹介しました。

眉毛の書き方1つでこんなにも印象を変えることができるんです。
練習しない手はないですよね!

眉毛は顔全体のイメージを決める大事なパーツですよね。
コツをしっかりつかめば、きっと自分に合ったステキな眉毛の書き方を見つけることができると思います。
書き方をマスターして、更に魅力的になっちゃいましょう☆

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ