もっとメイクが上手くなる♡美肌を作る【コンシーラー】の使い方◎

メイクが上手くなるコツは 【コンシーラー】にあり◎

「メイク、もうすこし上手になりたいなあ」と思っているKAREN女子必見!

「可愛くなりたいからこそ、妥協はしたくない」そんなKAREN女子のみなさまに、今回は【コンシーラー】の正しい使い方をご紹介します♡

実はメイク上達の秘訣は、コンシーラーにあり!コンシーラーを使いこなせれば、お肌のお悩みともおさらばできますよ♡

今日から、普段のメイクにコンシーラーを正しく取り入れてみましょう!

まずは基本! コンシーラーの使い方って?

ファンデのタイプによって、 仕込むタイミングを変えるべし◎

コンシーラーを仕込むタイミングは、ファンデーションのタイプによって変わってきます◎

パウダーファンデを使っている場合は、ファンデの直前に。リキッドやエマルジョンタイプのファンデを使っている場合は、ファンデの直後に仕込んで上げましょう♡

リキッドやエマルジョンタイプのファンデの後にコンシーラーを使った時には、最後にフェイスパウダーを使ってあげると仕上がりがよくなりますよ◎

お肌のお悩み別! 【コンシーラータイプ】を使い分けよう◎

クマには 【リキッドタイプ】のコンシーラーを♡

コンシーラーには、ペンシルやクリームなどのタイプがたくさんあります。それぞれ持っている特性が違っているので、自分のお肌の悩みに合わせて使い分けてあげることが大切◎

【クマ】にお悩みのあなたは、《リキッドタイプ》のコンシーラーを使ってあげることがおすすめ♡

目元の皮膚は、他の皮膚に比べ薄く弱いので、柔らかめテクスチャのコンシーラーが◎

クマの種類によって「色味」も使い分けて!

クマの種類によって、コンシーラーの色味も変えてあげましょう!

青いクマなら、反対色にあたるオレンジ。茶色のクマは、色素沈着が原因とみられるので、肌色よりも明るめのカラーでカバーしてあげることがおすすめ◎黒色のクマには、目元を明るく見せてくれるパール系が良いでしょう♡

シミ・そばかすには 【クリームタイプ】のコンシーラーを♡

【シミ・そばかす】にお悩みのあなたには、《クリームタイプ》のコンシーラーがおすすめ◎

カラーは、肌の色と同じ色かそれよりも暗めのカラーを選んであげると、馴染んで見えます♡

もしピンポイントの濃いシミならば、テクスチャが硬めの《スティックタイプ》を選んであげるとGOOD。

かなりお肌に密着してくれるので、カバーできるでしょう!

ニキビには 【スティックタイプ】のコンシーラーを♡

【ニキビ】にお悩みのあなたには、《スティックタイプ》のコンシーラーがおすすめ♡ニキビは、ピンポイントでカバーするのが効果的なのです!

カラーは、イエローやベージュがGOOD◎赤みのあるニキビも、反対色を選べばカバーすることができますよ♡

【コンシーラー】を使いこなして、 メイク上手になりましょう♡

肌の悩みに合ったコンシーラーをしっかりと選んであげることで、お肌の悩みとおさらばでき、メイクも上手に見えちゃいます◎

今日から、メイクに【コンシーラー】を正しく取り入れてみてはいかがでしょうか?

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ