知らないうちに【小ぶりeye】かも!?正しいアイラインの引き方♡

    アイラインの引き方、それであってる?

    二重至上主義の時代が続き、一重さんや奥二重さんは、アイテープやアイプチにお世話になる女の子も多かったかも。しかし、最近はナチュラルメイクが流行りとなり、自分の目の形をそのまま生かす女の子が急増中♡

    しかし、自分の目の形を生かすなら、もっと自分に合った「アイライン」があるはずですよね♪今回は、目の形別のおすすめのアイラインをご紹介します!

    目は第一印象を決める♡アイラインの引き方って大事!

    大きさだけじゃない!左右対称でバランスのいいおめめに♪

    人によって、目のかたちはそれぞれ違いますよね。だからこそ、自分のなりたい雰囲気に合った、アイラインの引き方を習得することがとっても大事なんです♡

    目は、人の印象を決めるかなり大きなポイント。ただ大きく見えることだけを考えるのではなく、左右対称かどうかや、傾きなどを気にすることもとっても大切!

    一重さんのアイライン!太くてガタガタになってない?

    ちょっとずつ足しながら描くのがポイント♡

    一重は、太くラインを引かないと、なかなか目を開けたときに、ラインの存在感がないですよね。でも、太く描きすぎることはNG!逆に小さいおめめに見えてしまいます……。

    一回でラインを引こうとせず、少しずつ太く引き足すことが重要なんです!

    シャドウの力を借りてデカ目に♡

    一重さんは、アイラインを引かないと目力が出ないと思っていませんか?無理に太く引こうとせずに、アイラインが見えるぎりぎりの太さを探して引きましょう!

    そして、そのラインをぼかすように濃い色のシャドウを重ねることで、自然に深い目が作れますよ♡

    奥二重さんのアイラインは、頑張らないことが大事♡

    貴重な二重幅をつぶさないで!目尻ラインだけで十分♪

    奥二重の女の子の中で、当たり前のように目頭からしっかりラインを引いている女の子はいませんか?二重さんなら目力アップに効くテクニックですが、奥二重さんにはじつはNGテクなんです!

    せっかくの二重幅がラインで埋まってしまっては、逆に目が小さく見えてしまうんです!奥二重さんは、目尻だけにはみ出しラインを書いて、物足りないようであれば、目を開けた状態で二重幅をつぶさないようにラインを引いてあげてください♡

    二重さんのラインは一歩間違えたらケバくなっちゃう!

    細くナチュラルに、できればブラウンで抜け感を♪

    ナチュラルメイクがブームの今、二重さんががっつりアイラインだととっても派手な印象になってしまいます……。

    目頭から目尻まで、まつ毛の隙間を埋めるように、細ラインを書いてあげましょう。太くなると、とってもケバい女の子になるので要注意。

    ナチュラルなメイクが流行っているからこそ、二重さんは、グラデシャドウやハネ上げラインよりも、「単色シャドウ×細ライン」や「細ライン×下まつげマスカラ」など、ポイントメイクで抜け感を大事にしましょう♡

    人によって目の形はいろいろ♡だからこそ研究が大事っ!

    目の形やサイズ、なりたい雰囲気は女の子一人ひとり違いますよね!だからこそ、自分の顔のバランスを研究して、自分だけのアイラインを探すのが、一番重要なんです♡

    印象を左右するアイメイクだからこそ、たくさん研究して、一番かわいいワタシに近づきましょう……♪

    関連するまとめ

    このまとめに関するまとめ

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気のまとめ

      TOPへ