ずっと愛らしい目元のまま♡《落ちないアイシャドウ》をつくるテク!

    メイクしてから時間がたつと、アイシャドウが滲んでいたり、ラメが取れていたりすることはありませんか?せっかく素敵な目元にしたのに、台無しなんて悲しいですよね。今回は、時間がたってもメイクしたての愛らしい目元が続く、《落ちないアイシャドウ》をつくるテクをご紹介♡

    《落ちないアイシャドウ》で一日中カワイイ私に♡

    朝バッチリにキメたアイメイクも、夕方にはヨレていたりラメが落ちていたりしますよね。学校やアルバイト、お仕事で忙しくてメイク直しができない!ということもしばしば……。

    いつ大好きな彼に見られても平気な、愛らしい目元をキープしたいですよね♡

    そこで今回は、《落ちないアイシャドウ》をつくるテクニックをご紹介!

    ①フェイスパウダーを上手に使い分け!

    時間がたつと、あなたのアイシャドウはどんな風によれますか?それによってフェイスパウダーを使い分けしましょう。

    二重の線にアイシャドウが溜まっている場合

    まぶたにしっかり多めにパウダーを。なるべく長時間、サラサラの状態をキープできるようにするのがベストです◎
    パウダーが油分を吸収してくれ、アイシャドウのヨレを防いでくれます!

    朝に塗った色よりも薄くなって取れている場合

    まぶたの乾燥が原因かも。まぶたにパウダーをのせないようにしましょう◎ パウダーファンデは避け、リキッドもしくはクリームタイプのファンデを使うようにするのがオススメ♪

    ②アイシャドウベースをオンすれば密着度UP♡

    アイシャドウの密着度を上げてくれる、アイシャドウベースをあらかじめ仕込んでおくのも、ヨレ防止の秘訣♪

    ラメやグリッターが入ったアイシャドウは取れやすいので、糊のような役割をしてくれるベースが大活躍してくれます♡

    クリームカラーベース/M•A•C

    クリームタイプのアイシャドウベース。ラメがザクザク入ったシャドーやプチプラのシャドーでも発色もモチもよくなります♪まぶたが明るくなり、ツヤも出ますよ。

    つけすぎると、まぶたの二重幅に固まりやすくなるので、ブラシでとって薄く塗るようにしましょう。

    クリームカラーベース

    ¥3,456(税込)
    アイやリップ、チークにも使える多機能なクリーム状アイシャドウベース。

    購入はこちら

    アイシャドウベース/CANMAKE

    プチプラならキャンメイクのアイシャドウベース。まぶたのくすみをとり、アイシャドウのヨレやラメ落ちを防止◎美容保湿成分も配合しています。540円という安さなので、試しやすいですよね!

    密着度が高いため、まぶたが乾燥しがちな人にオススメですよ。

    アイシャドウベース

    ¥540(税込)
    ヨレやラメ落ちも防止するアイシャドウ下地。

    購入はこちら

    アイシャドウをつけるのは、薬指かブラシで◎

    アイシャドウを密着させるには、うっすら少しずつ伸ばしましょう。力の入リ過ぎない薬指を使うか、ドバっとつかない平筆がぴったりです。

    スーッと伸ばしてつけ、重ね付けをしていくイメージでメイクアップしてください♪

    ブラシの大きさは、
    ・アイシャドウベース→中くらい(やや大きめでもOK)
    ・アイシャドウ→小さめ、目頭のような細かいところは極細リップブラシサイズ
    が使いやすいですよ♡

    ブラシでシャドウを取る前に"セッティングスプレー"をシュッ!

    ブラシを使う場合は、毛の部分にセッティングスプレーをひと吹きしてからアイシャドウを取るようにします。セッティングスプレーとは、メイク崩れを防止する為に使われるスプレーのこと。

    これはラメやグリッターのシャドウだけでなく、パールシャドウにも◎シャドウ自体の発色も良くなり、輝き・ツヤも増しますよ。メイク後にもう一回スプレーすれば、さらにメイクの持ちがアップ♡

    M·A·C プレップ プライム フィックス+

    ¥2,700(税込)
    メイク前にスプレーするとメイクのノリがよくなる化粧水スプレー◎

    購入はこちら

    《落ちないアイシャドウ》テクを今すぐ実践♪

    これらのテクを使えば、メイク直しの時間も半減するはず。いつものアイメイクにプラスするだけで、愛らしい目元をキープできますよ♡

    《落ちないアイシャドウ》をつくるテクニックを今すぐ実践して、一日中カワイイ私でいましょう♪

    関連するまとめ

    このまとめに関するまとめ

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気のまとめ

      TOPへ