なんとかしたい「目の下のたるみ」!メイクで上手に隠しましょう♪

なかなか改善できない目の下のたるみ、気になりますよね。目の下のたるみがあると、疲れて見えるだけでなく、実年齢よりも老けて見えることも…。手軽に、メイクで隠せる方法はないのでしょうか?今回は、目の下のたるみを隠す、メイク方法をお伝えしていきます♡

気になる目の下のたるみ…

目の下のたるみ、とても気になりますよね。

目の下にたるみがあるだけで、疲れ顔に見られてしまったり、老け顔に見えてしまったり…良いことなんて、1つもありません。

目の下のたるみを改善するためのアイクリームやマッサージなど、たくさん紹介されていますが、改善するまでに時間がかかってしまいます。

もっと手軽に、メイクの力でたるみを隠す方法はないのでしょうか?

目の下のたるみ、原因は?

気になる目の下のたるみ。たるんでしまう原因は、いくつかあります。まずは、目の下のたるみが出来てしまう原因を、詳しく見ていってみましょう。

眼窩脂肪のふくらみ

私たちの目には、外部からの刺激から守るため「眼窩脂肪」という脂肪が目の下にはあります。

この脂肪が筋肉の老化により飛び出してくることで、たるみの原因となってしまうのです。

まばたきの回数の低下

スマートフォンやパソコンの画面を長時間見ることにより、まばたきの回数が減ります。

まばたきの回数が減ってしまうと、目の周辺の筋肉が衰えてしまい、目の下がたるんでしまう原因となります。

老化

年齢と共に、お肌に備わっているヒアルロン酸やコラーゲンなどの水分を保持している物質が減ってしまい、ハリがなくなってきます。

その結果、目の下のたるみが生まれてしまうのです。

メイクで、目の下のたるみは隠せる?

目の下がたるんでしまう原因は、分かりました。

それでは、手軽にメイクの力で「目の下のたるみ」を、目立たなくする方法はあるのでしょうか?

マッサージや、目元専用のアイクリームなど、目の下のたるみを改善する方法は、たくさん紹介されています。しかし、どれも効果が出るまで時間がかかってしまいます。

目の下のたるみを改善しつつ、メイクで目立たなく出来たら素敵ですよね。次は、メイクで簡単にたるみを目立たなくする方法をご紹介します!

目の下のたるみを隠すメイク方法♡

それでは、実際に目の下のたるみを隠す、メイク方法を見ていってみましょう!

まずは、一連のながれと、どのようなアイテムを使ってたるみを隠していくのが紹介していきます。

普段通りに洗顔をした後、目元専用のクリームを使用しながら、マッサージを行います。マッサージをすることで、目の下の血流を良くすることが出来ます。

また、この時に目元専用のクリームを使うことで、メイクの刺激や外部の刺激から、目の下の皮膚を守れるのです。

簡単なマッサージで、目のたるみが解消できます。朝・晩2回行うと、目だけでなくフェイスラインもすっきりしますよ。

こちらは、ツボ押しマッサージによる目の下のたるみ改善。朝、メイク前に行うと、頭もすっきりとし目が覚めます。

コンシーラーの使い方

コンシーラーの使い方が、たるみを隠すメイクの一番のカギ。正しい色の選び方と使い方で、しっかりとたるみをカバーしていきましょう。

コンシーラーは、ベージュをチョイスします。軽いたるみならば、明るめのものを。たるみが目立つのであれば、抑えめの色を選びましょう。明るい色を選ぶと、たるみの部分だけ、白く浮いてしまいます。

目元の皮膚は、とてもデリケート。たるみの影になっている部分に少量を乗せ、力を入れすに、指やコンシーラーブラシで伸ばしていきます。

ファンデーションの使い方

次はファンデーション。

パウダーファンデーションだと、たるみによるシワの部分がひび割れて目立つため、クリームかリキッドがオススメ。

パール系だと、シャープな質感になってしまうので、マッド系で柔らかさを出すと、目の下のたるみが目立たなくなります。


全体を厚塗りすると、たるみや陰影が目立ってしまうので、厳禁。顔全体に薄く塗った後、気になる部分だけ重ねて塗るように心がけます。

薄くついた部分と、しっかりと塗った部分の差があることによって、しっかり塗った部分がふっくらとハリのあるようにみえ、より目の下のたるみが気にならなくなります。

また、せっかく塗ったコンシーラーを落としてしまわないように、ファンデーションも力を入れて塗らないように、注意が必要です。

メイクの仕上げ

仕上げに、ハイライトカラーを使用し、影をなくします。

この時、たるみ部分に乗せると余計目立ってしまうので、たるみの下の影になっている部分に乗せるようにします。

ハイライトカラーは、目の下だけ入れるとそこだけ浮いてしまいます。おでこや頬の高い位置にも入れ、メイクを完成させましょう。ブラシでしっかりとぼかすように入れると、顔全体が明るくなります。

また、アイメイクも重要。
腫れぼったい目に目に見えないように、くっきりとアイライナーを入れて完成です。

オススメのメイク用品は?

目の下のたるみを上手に隠すメイク方法は、分かりましたね!

次は、オススメのメイクアイテムをご紹介◎

インテンシブ スキン セラム コンシーラー / BOBBI BROWN

¥5,508(税込)

オススメ度
★★★★★★☆

冬虫夏草、インディアンツリーエキス、チシマザサ水など、3種のスキンケア成分が潤いを与えながらも、クマやくすみを、しっかりとカバー。

気になる場所に少量ずつ、重ねていきます。指で優しくなじませるか、ブラシを使用するとヨレずに美しく仕上がります。

私のなかなか濃いクマ、目の下の影も、完全に消えることはないですが、かなり薄くなります。乾燥もしにくく、しわになったりもしません。

出典:http://www.cosme.net

コンシーラーは時間が経つと乾燥してよれてくるので苦手だったのですが、これは夕方になっても乾燥しませんでした。

出典:http://www.cosme.net

ラディアントクリーミーコンシーラー / NARS

¥ 3,672(税込)

オススメ度
★★★★★☆☆

軽い質感であるのにカバー力があり、肌のトーンを均一に整えながら、光沢のある仕上がり。小じわやクマの目立たない、ソフトでなめらかな肌が実現できます。

目の下に何か所かのせ、指でなじませるようにすると、美しく仕上がります。

正直言って、液体コンシーラーにはカバー力はあまり期待していませんでしたが、今まで使ってきたものよりかなりカバー力があったので驚きました。

出典:http://www.cosme.net

コンシーラー初心者な私でも簡単にニキビ跡やシミもしっかりカバーしてくれてびっくりしました。

出典:http://www.cosme.net

スタンプカバー コンシーラー / CANMAKE

¥648(税込)

オススメ度
★★★★☆☆☆

まずは、プチプラで試してみたい…という方にオススメなのが、こちら。

密着オイルが配合されており、肌にしっかりとフィットしながらカバーをしてくれます。保湿成分が45%も配合されているので、いるので乾燥しません。

ピンポイントで隠してくれるし、結構薄づきなのが気に入っています。

出典:http://www.cosme.net

手を汚さずに先のスタンプを駆使して、目の下のクマを撃退します。しっかり隠れてくれて嬉しいです。

出典:http://www.cosme.net

ディオールスキン フォーエヴァー フルイド / Dior

¥6,480(税込)

オススメ度
★★★★★☆☆

つけた時のカバー力が、朝から晩まで続くキープ力が魅力。独自の「パーフェクトスキンケアエッセンス」が配合されているため、肌状態に合わせてお肌を整えてくれます。

マッドな仕上がりのため、たるみのカバーに最適。

薄づきなのにカバー力がありました。乾燥肌でもツヤ感がありリキッドだとよれたりが気になるかな?と思いましたがくずれることなく、潤いを保ったままでした。

出典:http://www.cosme.net

伸びも良く、均等に広がりびっくり!気になる目の下には重ね塗りして毛穴も消えた!

出典:http://www.cosme.net

タン アンクル ド ポー / YSL

¥7,128(税込)

オススメ度
★★★★★☆☆

なめらかな心地よいリキッドが、さらさらのパウダーに変化するのが特徴的。また、ファンデーションを塗るのが苦手な方でも、ムラなく塗ることが出来ます。

一日中、程よいマッド感が続きます。

今までに使用したことないくらいの肌艶とキレイさがあり、潤いも十分にありますね。インクみたいにスルスルと馴染ませていくとふんわりする質感のフォギー肌になります。

出典:https://www.yslb.jp

軽い付け心地で崩れにくいと思います。カバー力も優れていて、ムラになりにくく、持ちもいいのではないでしょうか。

出典:http://www.cosme.net

上手なメイクで、目の下のたるみを消しましょう♪

目の下のたるみがあるだけで、疲れ顔に見えてしまったり、実年齢よりも高く見えてしまったり…。

目の下にたるみがあっても、良いことは1つもありません。

まずは、専用のアイクリームやマッサージで、目の下のたるみを改善するようにしましょう。それと同時に、メイクで目の下のたるみを隠せば完璧ですね◎

目の下のたるみがなくなるだけで、ぱっと明るい美しい目元になります。正しいメイク方法で、目の下のたるみを目立たなくさせましょう!

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ