【諦めないで】割れたファンデーションをもう一度使う節約テク4選

メイク中に落としてしまったり、バッグの中でいつの間にかファンデーションが割れていることってありますよね。割れた状態で使うとムラができて綺麗に塗れないので、使い続けるには直すしかありません。泣く泣く捨てる前に割れたファンデーションを復活させませんか?

割れたファンデーションは直すことができる!

諦めないで!

ファンデーションが割れてしまったと諦めて、泣くなく捨てす前に是非ご一読ください!割れたファンデーションは復活させることができます。みんなが実践している復活方法を一挙に紹介しちゃいます。

割れたファンデーションの直し方①全面復活

使い始めて間もないのにファンデーションが割れたら諦めきれないですよね。まずはそのままパウダーファンデーションとして復活させる治し方を紹介します。

ほぼ元通りに直せる

沢山残っていればほぼ元通りに直すことができます。

用意するもの

①ポリ袋またはラップを用意します。ポイントは新品でなるべく破れにくいものです。
②麺棒やすりこぎ棒のようなもの

手順1:ファンデーションを取り出して砕く

全部粉々に

残っている部分を自分から壊すのは勇気が要りますが、思い切って全部取り出して袋かラップの中で粉々に砕きましょう。

手順2:パウダー状にしたものをケースに戻す

ケースに戻す

粉々にしたらケースに戻しましょう。もともと使っていたケースが使えない状態なら100均で代用を探すのもアリですね。

手順3:押し固める

ギュっと押し固めていきます。指でも出来ますが、なるべく先端が平らなものの方が崩れにくいです。

粉々になったパウダーファンデーションを元通りにする方法 【Q&A】

割れたファンデーションの治し方を動画でも確認したい方はこちらがわかりやすいです。ケースの形次第では押しこむのが難しいですが、付属のパフやスポンジを使って押さえる方法も試してみてください。

上手くいかない人には

ちなみに不器用代表(笑)の私のオススメは段ボールをケースのサイズに切って、パウダー状になったファンデーションを一気に押さえつける方法です。手間はかかりますが、上手にプレスできますよ。

手順4:冷やす

冷蔵庫で2~3時間

念のためケースをジップロックなどの袋に入れて冷蔵庫で2~3時間冷やせば、ほぼ元通りの状態に治ります。
この方法なら余計なものは入れていないので今まで通り使えます。

なるべく自宅用に

全面復活させたファンデーションは衝撃に弱いので、持ち運びはなるべく避けて自宅用にしておきましょう。

固まりやすくするためには?

無水エタノールを使う

¥1,359(税込)

粉々にしたパウダーファンデーションに無水エタノールを加えてからプレスすると固まりやすくなります。

ティッシュを使ってプレス

ケースに入れてプレスする時はティッシュを集めに重ねて水分を吸い取りながら押し固めていくとうまく行きます。

一晩乾かす

一晩おいて固めたファンデーションからエタノールを蒸発させます。無水エタノールは100%アルコールで水分が残らないので質感がほぼ変わりません。

エタノールが肌へ刺激になる?

エタノールは化粧水など、多くの化粧品に使われています。無配合に比べれば刺激にはなるので敏感肌の人は肌荒れを起こすかもしれません。心配なら使わない方が無難ですね。

乾燥しやすくなる可能性も

乾燥が進む性質もあるのでカサつきが気になったらこれから紹介する別の方法での修復を試してみましょう。

余ったエタノールは掃除に活用

ちなみに無水エタノールは掃除にも活躍します。ファンデーション修復のためだけに買うには高いけれど、掃除にも使えるならチャレンジしてみる価値はありますね。

割れたファンデーションの直し方②フェイスパウダーに生まれ変わり

押し固めるのがうまくいかなかったり、面倒な場合もありますよね。そんな時はフェースパウダーとして生まれ変わらせましょう。

パウダーケースを用意

先に紹介したように、袋の中で粉々にしたファンデーションをパウダーケースに入れれば即席フェイスパウダーです。

即席フェイスパウダーの使い道

ナチュラルメイクに

フェイスパウダーのように粉の状態になっていてもファンデーションなのである程度のカバー力があります。ブラシで塗れば素肌感のあるナチュラルメイクの完成です。

メイク直しに

外出中のメイク直しにも使えます。ファンデが崩れている部分の皮脂をティッシュで軽く抑えた後、ブラシやパフで軽くパウダー状になっているファンデをつければOKです。

テカリが気になる時は

パウダーファンデーションを砕いているので、フェイスパウダーとして販売されているものよりも若干油分が多くテカッてしまうこともあります。そんな時はテカリ防止にチョイ足しが便利です。

ベビーパウダー

皮脂を吸着してくれるメイクグッズとしても再注目されていますね。粉々にしたファンデーションにチョイ足しすれば、本当のパウダーファンデーションのような質感になります。

マイカ パールホワイト

Mica(マイカ)
¥500(税込)

天然鉱物でできたピグメントです。パールホワイトを混ぜればパール感も出てテカリも抑えられます。

割れたファンデーションの直し方③リキッドファンデーションに変身

うまく固まらなかったけど、フェイスパウダーにしてしまってはカバー力が物足りない。そんな人にお勧めなのはリキッドファンデーションに変身させてしまうことです。

使う分だけ作るが鉄則!

まずは一番大切なポイントから。必ず使う分だけ作るようにしましょう。きちんと保存されていないと雑菌が繁殖して肌荒れの原因になる可能性もあります。

作り方

まずは粉々に

割れたファンデーションを粉状にしましょう。毎回粉々にするのは面倒でしょうから、一度に粉々にしてしまって、使う分だけリキッド化するのがおすすめです。

混ぜるだけ

ケースやトレー、手の平などで使う分だけのパウダーファンデーションと、乳液や下地クリームなどを混ぜるだけで即席リキッドファンデーションの完成です。

割れたファンデーションに何を混ぜる?

自分に合う質感を探す

パウダーファンデーションに混ぜるもの次第でリキッドの質感が変わります。好みが見つかるまで試行錯誤してみましょう。

乳液

自宅にあって手軽に混ぜられる一般的なアイテムですね。保湿もできて、伸びもいいリキッドになります。ファンデーションが薄まるのでカバー力は落ちます。

美容液

ちょっと贅沢な感じもしますが、美容液と混ぜればメイク中も美肌ケアが出来ちゃいますね。混ぜるならなるべく粘度のあるトロっとしたタイプの美容液が使いやすいでしょう。

化粧下地

化粧下地に混ぜる人も多いです。汗に強いタイプと混ぜると乳液同様混ぜた時になじみやすいです。

保湿力が高いクリーム系の化粧下地なら乾燥対策にも効果的です。パウダーファンデーションは油分が少ないのであまりべたつく事はないでしょう。

日焼け止め

紫外線が気になる季節には日焼け止めと混ぜて使えばUV対策も一緒に出来てしまいますね。混ぜすぎると白くなるので量に気をつけましょう。

BBクリーム

プチプラのBBクリームはカバー力に不足を感じたり、時間が経つとべたついたりすることもあります。でもパウダーファンデーションを混ぜればカバー力がアップして、皮脂の吸着力も上がるので好みの組み合わせを見つけてみたいですね。

リキッドファンデーション

パウダーファンデーションは皮脂を抑えるのに強く、リキッドファンデーションは保湿力が高いです。両方をバランスよく合わせればお互いのいいとこ取りができるかもしれませんね。

美容オイル

リキッド化した後に更に1~2滴加えればさらに保湿力がアップしますね。美容にこだわりがある人は試してみる価値ありです。

サンプルを集めて実験

色々試してみて自分に合う組み合わせを見つけられたら最高でしょうが、手持ちだけでは色々試すと言っても限界があります。実験のためにも街やドラッグストアなどでサンプルをたくさん集めちゃいましょう!

割れたファンデーションの直し方④化粧水や乳液で修復

割れた程度が小さい時には修復するという方法もあります。

修復手順1:割れた部分に水分補給

普段使っている化粧水や乳液

自宅にある化粧水や乳液をファンデーションの割れた部分に1~2滴垂らして、なじむ(乾く)まで待ちます。

修復手順2:ラップをかけてプレス

先端の平らなものでプレスします。強すぎると逆に崩れるので慎重に押していきましょう。

なるべく早く使う

防腐処理などをしていない状態で不純物を混ぜているので劣化が早いです。割れた修復部分から先に使うように意識して使いましょう。

おまけ:残り少ない割れたパウダーファンデーションを使い切るには?

残り少しになるとスポンジで取りにくいですよね。そんな時にも割れたファンデーションの復活テクニックが応用できます。

パウダー化かリキッド化をすれば残りが少なくても割れたファンデーションを復活できます。割れていなくても残り少なくて使いにくい時は試してみましょう。

残り少ないファンデーションも復活テクニックで最後まで使いきれば気持ち良く次に移れますよね。

まとめ:ピンチはチャンス!

ファンデーションが割れたなんてピンチですが、諦めずに色々試せば自分に合った手作りリキッドファンデを作るチャンスになるかもしれませんよ。ピンチでも笑顔で乗り切りましょう!

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

TOPへ