シミの原因とシミの種類!シミに効く美白化粧品を紹介します!

みなさんはシミが出来る原因を御存知ですか?シミにはいくつかの種類があって出来る原因も違います。シミには美白化粧品が効果があるのは広く知られています。しかし、美白化粧品が効かないシミもあります。そこで、シミの種類と原因、お勧め美白化粧品を紹介します。

シミと美白化粧品の関係

シミの種類&美白化粧品の種類

冒頭で触れているようにシミにはいくつかの種類があります。美白化粧品にも美容液やクリーム、パックのように種類があって、美白成分もいくつかあり、現在も新たな美白剤が開発されています。これらの美白化粧品の種類&成分、シミの種類と原因を解説します。

シミの種類と原因

老人性色素班

シミの代表格が老人性色素班です。別名『日光性黒子』とも言われます。老人性とついていますが、シミの代表格と言うように20代の若い方にも出来るシミです。シミの出来る場所は、写真のように頬骨、こめかみなど紫外線の当たり易い場所です。シミの形は、大小の輪郭がくっきりした楕円形が多く、放置したり改善しないとイボのように盛り上がってくるシミもあります。

老人性色素班の原因と対策

老人性色素班の原因は、別名『日光性黒子』が示しているように、お肌が紫外線を長期に渡って浴びることにより、加齢とともに現れることの多いシミなので『老人性色素班』と言われます。正常な皮膚に比べてメラノサイト(色素細胞)の数が多くなり形も大きくなります。対策としては、紫外線を浴びないようにするUV対策です。出来てしまったシミには初期の段階では美白化粧品も有効ですが、輪郭がはっきりしたりイボのように盛り上がったシミには、美白化粧品の効果は薄く、レーザー治療などの光線治療が必要になります。

脂漏性角化症

シミがイボのように盛り上がっているのが脂漏性角化症です。上記の老人性色素班を放置したり、改善しないでシミが進行するとイボのように盛り上がり、脂漏性角化症に発展します。表面がゴツゴツしていてイボのように盛り上がっているシミや、写真のようにホクロのように黒や茶色のものもあれば、白いシミが盛り上がったものもあります。手の甲に出来たボツボツも脂漏性角化症の可能性があります。

脂漏性角化症の原因と対策

脂漏性角化症の原因は老人性色素班が進行したシミが殆どです。紫外線を浴びた肌がシミになり、さらに紫外線を浴び続け老化と共にシミが盛り上がってしまう現象です。老人性色素班と同様に紫外線を浴びないようにUVケア対策が肝心です。また、シミが出来たら放置しないで、早めにシミ対策のケアをするのが、脂漏性角化症に発展させない決め手です。脂漏性角化症は美白化粧品では改善は望めず、レーザー治療が必要になります。シミの色が薄い小さく盛り上がったものなら、ヨクイニンの服用が効果を発揮する場合もあります。

肝斑

女性ホルモンの乱れによって出来るシミの種類が肝斑です。色ムラのように広がり、境界線がクッキリしたものが多く茶色のシミが殆どです。この事から別名、褐色斑点とも言われます。写真のように頬骨の上あたりに左右対称に出来る事も多く、刷毛で塗ったような比較的大きなシミです。だんだん広がる(びまん性)のシミが肝斑です。以前は中高年以降に多くみられるシミでしたが、近年は妊娠可能な若年層にも多いシミの種類になっています。

肝斑の原因と対策

肝斑の原因は、上記にもありますようにホルモンバランスの乱れによりメラノサイトが活性化してシミになります。肝斑という名称ですが肝臓疾患とは殆ど関係がないとの見解です。ストレスはホルモンバランスの乱れに繋がり肝斑の原因の要因であるとも言われています。また、肝斑も紫外線を浴びると濃くなるシミです。対策はホルモンバランスが乱れないような生活習慣や、ビタミンCなどを多く摂取するバランスのとれた食生活です。治療には、写真のトラネキサム酸というお薬の服用が有効です。また、美白化粧品も効果を発揮します。

雀卵斑(ソバカス)

小さいシミのあつまりを一般にはソバカスと言います。しかし、厳密には遺伝的なものだけが雀卵斑(ソバカス)です。遺伝的要素のシミなので10代以前の子供の頃に出来はじめます。ソバカスは日本人より白人に多く、日本人でも色白の方に多いようです。米粒くらいの小さな斑点で、色は淡褐色~濃褐色、思春期に濃くなり加齢とともに薄くなります。このシミも紫外線のUV-Aを浴びると濃くなります。

雀卵斑(ソバカス)の原因と対策

正式な雀卵斑(ソバカス)は、遺伝が原因です。遺伝以外の小さな斑点のシミは紫外線を浴びることによりシミになる事が多いようです。また、遺伝による雀卵斑も紫外線を浴びると濃くなります。ソバカスを濃くしない為にもUVケアを万全に行いましょう。ソバカスは、美白化粧品を使ったセルフケアでも薄くなることもあります。また、治療には写真のようにケミカルピーリングやレーザー治療が行われます。しかし、遺伝が原因の雀卵斑(ソバカス)は、一旦薄くなって改善しても、再発して、また濃くなる可能性があります。

記事番号:108448/アイテムID:3453153の画像

出典:http://sh9.jp

光線性花弁状色素班

光線性花弁状色素班は、顔、肩、背中なのどを日焼けしたときに出来るシミです。シミの形が1~2ミリ程度の花弁のような形をしている事から花弁状色素班と言われています。海水浴やプールで日焼けした後に出来やすいシミです。色白の方に出来る事が多いようです。また、潜伏期間が長い時もあり、日焼けした記憶もないのに、突然お肌に現れる時もあるシミです。

光線性花弁状色素班の原因と対策

光線性花弁状色素班の原因は、紫外線をお肌に浴びる事です。プールや海水浴で日焼けすることによりシミになります。日焼けサロンで使われているタンニングマシーンは、比較的シミになりにくいと言われていますが?確証性に乏しく、上記にありますように光線性花弁状色素班は、潜伏機関もありますので、将来お肌のシミ予防という点では、どんな日焼けも注意したいものです。光線性花弁状色素班は、稀に自然治癒することもありますが?美白化粧品での改善は難しく、レーザー治療などが必要になりす。

炎症性色素沈着

炎症性色素沈着は、様々な原因でお肌が炎症を起こし、炎症跡が色素沈着によってシミになるものです。虫刺されや傷、ニキビやかぶれなどで、お肌が炎症を起こすと炎症跡がシミになってしまう場合があります。特に炎症跡を紫外線を浴びると色素沈着が起こる可能性が高まります。写真のような一般にニキビ跡と言われるものも、炎症性色素沈着に含まれます。

炎症性色素沈着の原因と対策

炎症性色素沈着の原因は、お肌が炎症を起こすことにより色素沈着に繋がります。虫刺されや傷で炎症を起こさないようにする事が対策です。アウトドアのレジャーや外出の際はUVケアも兼ねて、長そで&長ズボンでお肌を守りましょう。特にニキビは紫外線を浴びないように注意しましょう。炎症性色素沈着は、お肌のターンオーバーが正常に行われていれば、改善する可能性が高いシミです。美白化粧品やケミカルピーリングでシミ予防を心掛けましょう。

シミに効く美白化粧品の種類

美白化粧水

美白化粧品の中でも化粧水は、マイクロエマルジョン製法によって、色々な美白成分が配合出来るようになり注目を集めています。この事から半透明の化粧水や多層式の化粧水が美白化粧水には多いようです。また美白成分のビタミンC(アスコルビン酸)は、水溶性の為にビタミンC誘導体として美白化粧水でお肌に塗るのが効果的です。また、お肌への浸透性を高める為に、美白化粧水を含ませてコットンパックもお勧めです。

美白美容液

様々な美白剤が配合されているのが美白美容液です。シミ予防の美白スキンケアは美容液でするのがBESTという医師や美容家の方も多くいます。これはマッサージオイルとしても併用できるからだと思われます。表皮にあるメラニンを還元して淡くしたり、メラニン合成に関与する酸素チロシナーゼを阻害してシミを出来にくくする様々な美白剤が美容液に配合されています。

美白乳液

保湿に欠かせない方も多い乳液ですが?美白化粧品としても活躍してくれるのが美白乳液です。化粧水に比べて油分を多く配合できるので、様々な美白剤やスキンケア成分を配合できます。オイリー肌の方や20代の皮脂の分泌が多い世代は、クリームや美容液では油分過剰になりオイリー肌が進行してしまう可能性があるので、美白乳液でシミ対策するのがおすすめです。

美白クリーム

美容液と並び以前から美白化粧品の定番になっているのが美白クリームです。保湿やシワ取り、シミ予防に活躍してくれるクリーム。乳液との違いは油分の量と使用感、クリームの特徴は、お肌に潤いを与えお肌を保護してくれる機能が高いことです。乾燥肌の方や30代以降のお肌に脂質が不足してきた方は、クリーム又はクリーム+乳液の使用が美白スキンケアにはお勧めです。

美白ジェル

ジェル化粧品のメリットは、クリームより使用感がサッパリしている事と、オールインワンゲルのように、美白剤の他にも様々な成分が配合してありワンステップで美白だけでなくスキンケアが完了してしまう、簡単スキンケアが最大のポイントです。しかし、美白剤の中には単体で効果を発揮する成分もあります。美白効果を期待するなら美白美容液や美白クリームの方がおすすめです。

美白マスク(パック)

美白マスク(パック)は、美白美容液に配合される成分をパックにしてお肌に浸透しやすくしています。予期せず日焼けしてしまったアフターケアや、定期的なスペシャルケアとして美白スキンケアには欠かせないアイテムになりつつあります。難点なのは価格か比較的高めの高級コスメになる点です。美白美容液と同ラインナップで力を入れている美白化粧品も多く、スペシャルケアとして美白アイテムに加えてみては如何でしょうか。

美白ピーリング

美白効果を期待して、本格的なケミカルピーリンを行うなら、皮膚科や美容外科でのケミカルピーリングが必要です。(エステではケミカルピーリング用の薬剤は使用できません)しかし、ケミカルピーリングは自由診療になる為に保険適用外になります。そこで、ご自宅で毛穴の黒ずみ&シミ予防をかねた美白ピーリンを定期的に行うのがお勧めです。美白ピーリンはお肌のターンオーバーを整えて、様々なスキンケアに有効です。

美白化粧品と美白剤

ルシノール

化粧品会社POLAが10年以上の歳月をかけて開発した美白剤。酵素チロシナーゼは活発に活動することにより、メラニンの元であるチロシンが科学合成してメラニンを造ります。ルシノールは、シミの原因「メラニン」生成の根本原因であるチロシンとチロシナーゼの合体をブロックして美白効果が期待できます。また、ルシノールは活性酸素除去作用並びに脂質過酸化抑制作用に効果が期待できます。

POLA ホワイトショット CX

¥16,200(税込)

POLA開発の美白化粧品成分ルシノール配合。ポーラの最新美白研究が集結した美白美容液です。みずみずしい滴が角層のすみずみまで行き渡り、まっさらに輝くような肌を目指します。顔全体に使用する液状の薬用美白美容液です。肌(角層)への親和性が高く、隅々までいきわたり、美白有効成分をメラノサイトに届け、しっとり明るい肌へ整え、美白効果に期待がもてます。

リノレックスS(リノール酸S)

リノール酸は、オメガ6系のサラダ油などに含まれる成分です。過剰摂取するとメタボに繋がる危険性もあるリノール酸ですが?その為にダイエット中は控えたい成分でもあります。しかし、リノール酸のもう一つの顔は、お肌に塗れば美肌に繋がる美白剤です。リノレックスSは、紅花油から抽出されるシミに効くカプセル剤です。保湿や抗炎症作用などの効果が期待でき、メラニン抑制作用に加え、出来てしまったメラニンをお肌の外に排出することができます。

エクイタンス ホワイトロジー エッセンス W

¥10,000(税別)

歯磨きでお馴染みのサンスターが18年の歳月をかけて開発したリノール酸由来の美白剤がリノレックスSです。肌にしっかり届いて、シミの元となる酵素チロシナーゼの分解を促進し、働きを抑えます。肌にすっと浸透し、内側からうるおいで満たす美容液です。さらに、ふたつめの有効美白成分「ビタミンC誘導体」も配合してあります。また、保湿成分「月桃葉エキス」「サクラ葉エキス」が透明感あふれるお肌へ導きます。

ビタミンC誘導体

お肌に直接塗っても吸収&浸透しにくいビタミンCを、化粧品に配合出来きるように人工的に改良して生まれた美白剤が「ビタミンC誘導体」です。化粧品に配合しても安定しており、吸収&浸透しやすくなっております。沈着したメラニン色素を白色化させる作用があります。シミが薄くなり、小じわ予防の効果もあり、お肌のキメを細かくして、毛穴の引締め(収斂作用)効果も期待できます。現在も様々なビタミンC誘導体が開発されています。

ドクターシーラボ VC100エッセンスローション

¥5,076(税込)

VC100としても知られている「高浸透型ビタミンC(APPS)」とは、水溶性ビタミンC誘導体と油溶性ビタミンC誘導体の「浸透力」をあわせ持つ進化したビタミンC誘導体です。ビタミンCは水溶性ビタミンなので化粧水でお肌につけるのがBESTです。さらにオールインワンゲルでお馴染みのドクターシーラボの化粧品なので、化粧水+美容液の2In1効果が期待できます。とろみのある濃厚なテクスチャーが肌の奥までしっかりうるおいを届けます。肌サイクルを整えることで、お肌にハリと弾力を与えながら、肌トラブルにアプローチします。

コウジ酸

麹扱う職人の手が白いことから発見された美白剤。酒やみそ、醤油に含まれるコウジの中に含まれる発酵代謝成分です。チロシナーゼ阻害作用でメラニン色素の生成を抑制して美白効果が期待できます。また、出来てしまったメラニンを薄く還元する作用も期待できます。日本人に馴染み深いお米由来の成分なので、コウジ酸や他の成分を配合した、日本酒やお米を使った化粧品が続々開発されています。

コーセー 白澄 XX 美白美容液 Lサイズ60g

¥6,500(税込)

コウジ酸配合の化粧品に定評があるコーセーの美白美容液です。天然由来の美白剤コウジ酸を配合することにより、メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぎます。3種の白い花々のエキス(月見草・牡丹・百合)を配合。うるおいをあたえて美しくキメをととのえ、乾燥によるくすみ・肌あれも防ぎます。すっきりと澄みわたるような、明るい印象の肌へ導きます。

カモミラET(カミツレエキス)

生薬のカミツレの花(カモミール)から抽出される成分。カモミールはアロマテラピーでもよく使われる薬草で、カミツレエキスは化粧品成分としても広く用いられています。様々な美白有効成分のなかでも数少ない、天然の植物から抽出した美白剤です。紫外線に当たると炎症がおこり、様々な情報伝達物質(サイトカイン)が生成されます。カモミラETは、その中のメラノサイトを刺激してメラニンの生成を促進する情報伝達物質エンドセリンの働きを抑える効果が期待できます。

ソフィーナ ホワイト プロフェッショナル 美白美容液

¥4,320(税込)

メラニン発生源の増殖と活性をWブロックする美白美容液。シミができやすくなる、増えやすく、濃くなる、そんな大人の肌に。メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぎます。さらに、新美白成分ローマカミツレエキスを配合。また新開発の高浸透技術でメラニン発生源に、より早く届けて効かせます。花王が開発したカモミラET配合。美白効果に期待が持てます。

アルブチン

コケモモやウワウルシなどの植物の葉などに含まれる成分、ハイドロキノンとグルコース(ブドウ糖)を合成して作られるハイドロキノンの糖誘導体の美白剤です。メラニン色素を合成する酵素チロシナーゼやDHI-Cオキシターゼの働きを抑制して、メラニンが過剰に生成されるのを防ぎ、美白効果が期待できます。ハイドロキノンはお肌に刺激が強すぎるのが難点ですが?アルブチンはマイルドな成分ですので美白化粧品によく配合されます。

肌研白潤薬用美白マスク 4枚入り

¥700(税込)

近年、優秀な化粧品で注目を集めるロート製薬の、肌研の美白シリーズが白潤!アルブチン配合の美白マスク(美白パック)です。紫外線などによって乾燥しがちなお肌に、うるおいを与えお肌を柔らかく整えながら、高純度アルブチンがメラニンの生成を抑え、日やけによるシミ・そばかすを防ぎます。コストパフォーマンスにも優れているので、定期的な美白ケアにおすすめです。

TXC

TXC(トラネキサム酸セチルエステル塩酸塩)は、シャネルが開発した美白剤です。メラニンが生成されてシミになるまで、主要因子による連鎖反応を食い止める。これがTXCのシミを防ぐ仕組みです。メラニン生成を抑制して色素沈着が低減されたり、シワ予防のアンチエイジング効果、皮膚炎などの肌荒れ防止といった、お肌に複合的にアプローチする美白化粧品成分です。

シャネル ル ブラン クリーム TX

¥13,000(税込)

美白を求めるアジア人のお肌のために特別に開発されたホワイトニングクリームです。メラニンを抑え、シミそばかすを防ぐ有効成分TXCを配合し、白く澄んだ肌へ導く薬用美白クリーム。使用から1ヶ月で、肌のなめらか度が27%アップします。クリーミーなテクスチャーでベルベットのような肌で、乾燥した肌に潤いをもたらします。使うごとに、なめらかな肌をもたらし輝く素肌をつくります。思わず紫外線を浴びてしまった!時のアフターUVケアにお勧めの美白クリームです。

D-メラノ

日本ではSk-Ⅱでお馴染みのマックスファクターが開発した美白剤です。美白化粧品の効果としては、ナイアシンが過剰なメラニン色素の表面化を防いでシミを予防してくれます。また、主成分のニコチン酸アミドは、水溶性のビタミンのナイアシン(ビタミンB3)の一種で、ナイアシンアミドといい、メラニンが生成される段階で作用する遺伝子や酵素の発現を抑制する作用もあります。

SK-II ジェノプティクス オーラ エッセンス 30mL

¥16,000(税抜)

ジェノプティクス オーラ エッセンスには、SK-IIの唯一無二の成分、濃縮SK-IIピテラ™と、美白有効成分「D-メラノ」を含む独自の複合成分「ジェノプティクス オーラ カクテル*2」を配合。メラニンの生成を抑え、シミの発生を防ぎ、シミによるお肌の曇りも忘れるオーラ美白肌へと導きます。美白化粧品では群を抜く評価のSK‐Ⅱのお勧め美白美容液がコレです。

シミに効く美白化粧品(まとめ)

いかがでしたか?シミの原因は種類によって違います。しかし、シミを悪化させる主要因は紫外線で共通しています。また、シミの種類によって美白化粧品が効果的なシミと、効果がないシミがあります。シミの種類に合わせて美白剤や美白化粧品の種類を上手く使い分けるのが美白ケアのポイントです。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ